涼しげな音色に癒される 色とりどりの風鈴が鳴り響く『風鈴の町』とは

grape

2018/7/13 16:06

風が吹くたび「チリンチリン」と涼しげな音色を奏でる、風鈴。日本の夏には欠かせない風物詩のひとつですね。

愛知県には、毎年夏になると、町中に風鈴の音色が響き渡る『風鈴の町』があります。

色とりどりの風鈴が町を彩る

『水の郷百選』に選ばれた場所として知られている、愛知県豊田市北部の旭地区小渡町(おどちょう)。

この町では、地域全体が協力して、それぞれの家の軒先に風鈴をつるす『小渡夢かけ風鈴』が2003年から行われており、色とりどりの風鈴が、なんと約6千個も飾られるそうです。

風鈴は、素材や大きさによって音色が変わるので、聞き比べてみるのも楽しいかもしれません。

期間中は、さまざまな催し物が開催。

『風鈴寺』の別名を持つ増福寺では、風鈴の短冊に願いごとを書く『風鈴奉納』が行われ、縁結びは赤、商売繁盛は黄色、家内安全は緑と、願いごとの内容によって短冊の色が選べます。

小渡商店街では、オリジナルの風鈴が作れる『風鈴の絵付け』や『浴衣の着付け』などが行われます。

浴衣の着付けをしてもらって、風鈴の音色が鳴り響く町を浴衣姿で探索するのもいいですね!

そのほかにもさまざまなイベントが開催されます。町にあふれる風鈴の音色を聞きに、行ってみてはいかがでしょうか。

小渡夢かけ風鈴

■開催期間
2018年7月15日(日)~8月31日(金)

■開催場所
愛知県豊田市小渡町一帯

@Heaaart(アットハート)


@Heaaartは日本国内の情報を中心に、心に響くコンテンツをご紹介します。あなたが知らなかった場所や出来事、そしてそれぞれの地域で暮らす人々。「日本をもっと知りたい、応援したい。」そんな思いのきっかけになる情報をお届けします。
https://heaaart.com/

あなたにおすすめ