ケンカ中の彼が無視や着信拒否をする理由とは?

愛カツ

2018/7/13 15:30


ケンカの時って、気持ちをわかってほしい女子がいろいろ言ってもだんまりを決め込む男性って多いですよね。

話し合う気がないなんて私に関心がないの?もう別れたい?なんて思いがち。でも、男性の無視や着信拒否にはいろんな理由があるようです。

ケンカ中

■ どうせ口では勝てません

ケンカのときには黙り込む男性も、言いたいことが何もないから黙っているとは限らないようです。

彼女の方が口が立つと普段から感じていると「彼女が怒っている間は言い返しても言いくるめられて終わりだから」と感じて、諦めモードで彼女を無視してしまいたくなるのだそう。

こんな時の彼の頭の中は、反省や謝罪よりも「早く終わらないかなー」でいっぱいになってしまうようです。この場合の無視や着信拒否は現実逃避のためといえそう。

■ 激おこ中の女子って怖い!

単純に「怒った女が苦手」という声もあります。

いつもはかわいい彼女が別人のように声を荒げ、怖い顔で自分を責めると、ケンカの原因がどっちにあろうが「感情的な女とまともに話すのはムダ」「幻滅するからそういう顔を見たくない」と思ってしまうようです。

怒り狂った女性の顔を見て、彼女を「守るべき対象」「恋愛・性の対象」に見られなくなったという男性は多数。

そうなる前に、無視や着信拒否で彼女をシャットアウトして、別れにつながらないようにする男性も中にはいます。

感情的になりすぎないよう、注意が必要かも。

■ 怒りを制御してます

女子は、どんなに怒って万一ちょっと手が出たところで「所詮女だし」で許されることが多い気がしますね。

でも男性の場合は許されません。大声をだして、おびえた彼女に泣かれたり、モノに当たったりして「暴力をふるった!」と責められたり……。

こんな事にならないように、怒りをこらえガマンするには、自分を押さえて黙り込むしかないという判断もあるようです。

彼が黙っているからと「ねえ、なんで黙ってるの?無視?」などど責め立てると急に怒りが爆発する事だってあり得ます。

ほかのケースにも共通して言えますが、無言モードに入った彼をさらに責めるのはあまり得策とは言えません。

■ 別れるほどのケンカじゃないよね

すれ違いをなくすためにしっかり話し合おうと思っている女子にとっては、ケンカ中の彼のだんまりは許せないもの。

「私ばっかりが必死じゃない?」とそのまま失望し、別れ話に進展することもあります。

でも、彼が「こんなケンカで別れるほどじゃないよね」と思っていると、彼女の機嫌が直るまで聞き流そうとしてしまうのだとか。

ヘタに反応して感情的になるよりは「怒りが収まるまで無視か着信拒否でクールダウンしたい」と言うのが本心のよう。

たまたま機嫌が悪いだけの彼女をうまく受け流す大人の対応をしているつもりなのかも知れません。

■ おわりに

無視や着信拒否をされると、彼が自分に向き合う気がないように思えて傷つきますよね。

でも、彼にも避けたい事態・守りたいものがあるのだと考えてみましょう。必要以上に取り乱さずに済むかも知れません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ