仲村トオル「ラストチャンス」は“W杯でベルギー戦に臨む日本代表のよう”

ザテレビジョン

2018/7/13 15:34

7月13日に、テレビ東京系ほかで放送されるドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」の会見が行われ、出演する仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、町田啓太、勝村政信、水野美紀、長谷川京子が登壇した。

同ドラマは、「会社の再生(再建)と人の再生」をテーマに、第一線で活躍していた銀行マン・樫村(仲村)が、長年勤めた銀行の合併を機に転職し、異業界で会社再建に奮闘する姿を波乱万丈に描く。

人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を次々に浴び、もがき苦しみながらも、会社の再建に力を注ぎ、皆を引っ張っていく主人公の姿が、多くの方に勇気を与えるドラマとなっている。

主演を務める仲村トオルは、作品について「家族や子供にも親の頑張りが伝わるような、あらゆる世代が楽しめるものになっています。頑張っている人のエールになればいいなと思います。

聞いていなかった、知らなかった会社の暗い部分が次々と出てくるんですが、それは弱気になると言うよりは、W杯でベルギー戦に臨む日本代表のような…そんな勇ましい展開が次から次へと繰り広げられます。

初回からファーストピンチ、セカンドピンチ…という所も見どころです」とコメント。

■ 「ラストチャンス」の現場の雰囲気とは

また、現場の雰囲気について、椎名桔平は「ムードメーカーは勝村さん」と明かし、和田正人も続けて「ミスをすると遠くから勝村さんがニヤニヤしながら見ていてさらにミスしてしまうんですよ。その点、トオルさんは勝村さんの方を一切見ず、さすがだなと(笑)」と暴露し、集まった記者も爆笑。

さんざんイジられた勝村は、「現場近くのビルがどんどん出来るのを幸せな気持ちで見ていた」と不思議なコメントで笑いをとっていた。

さらに、記者からドラマの役柄の誰と働きたいか、という質問には、仲村が「自分で言うのもなんだけど樫村ですね、みなさんそこそこくせがあるので(笑)。一緒に働いていけるのは人格のようなものがある、樫村です」と自身の役柄をチョイス。

和田は「役柄通り樫村さんが大好きなんです。トオルさんは現場でお昼ごはんをたべないので、おいしいお弁当を作ってずっと支えたい」と仲村との“相思相愛”ぶりを見せた。

しかし、仲村と夫婦役の長谷川は「あえての町田さんです。初めて見た時、本当に格好よくて、思わずひゃって言っちゃいました(笑)。こんな人が銀行の窓口にいたらすごくないですか?」と樫村の部下役を務める町田をべた褒め。

対して、町田「いや…恐縮です」と照れ笑いを浮かべながら、ここでも“相思相愛”の仲が生まれていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/154418/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ