Twitterの仕様変更でフォロワーが減少するかも?

180713_twitter
Image: nadiia/Shutterstock.com

強まるリアルフォロワーの意味。

米国現地時間で7月11日、Twitterがブログにてフォロワー数の仕様変更を発表しました。ロックされているアカウントは、フォロワー数にカウントされないようになります。これによって、今後数日の間にフォロワー数が減少するわけですが、多くのは人はマイナス4人程度。ただし、フォロワー数が多いアカウントは、大きく減少する可能性もあります。

ロックされているアカウントとは、運営の判断で待ったがかかった状態。アカウント保持者がログインできず、サービス利用停止されているアカウントです。ロックの対象となるのは、突然ガラリとツイート内容が変わったもの、突然大量のリプライやコメントを始めたもの、誤解をまねくようなリンクをツイートしまくっているもの、メンション後に大量ブロックしているアカウントなど。つまり、乗っ取られた可能性があるものや、迷惑行為を行なっているアカウントです。また、ロックされた場合、運営側からアカウント保持者に本人確認の通知がいき、確認&パスワード変更すれば、無事ロック解除されます。つまり、ロックされ続けているアカウントとは、この確認作業ができなかったものであり、いわゆる偽アカウントです。フォロワー水増しなんかのために作られるヤツですね。

今回のフォロワーの数え方の変更は、Twitterを健全な会話を楽しめる場所として運営するための措置。ロックアカウントは、フォロワーの数に含まれないだけで、過去ツイートやアカウントそのものが削除されるわけではありません。この理由として、フォロワー数はTwitterの目に見える大きな機能、役割ゆえに、よりその数を正確にして価値ある意味をもたせるためとしています。一方で、サービス月間アクティブユーザー数や1日のアクティブユーザーとしては、ロックアカウントも数にいれるとのこと。

Image: nadiia/Shutterstock.com
Source: Twitter

(そうこ)

あなたにおすすめ