口パクパフォーマンスを見ないと逮捕しちゃうぞ! 『YouTube』の“リップ・シンク・チャレンジ”が全米の警察官に大流行中

ガジェット通信

2018/7/13 15:00



有名人が口パクパフォーマンスを披露する『リップ・シンク・バトル(Lip Sync Battle)』というテレビ番組がアメリカにあるのですが、『リップ・シンク・バトル』に便乗したリップ・シンク・チャレンジ(#LipSyncChallenge)が全米の警察官に大流行中です。以前、日本でもAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』の振付を真似する動画が一時流行しましたが、ちょうどそんな感じです。

#NorfolkPD Lip Sync Challenge (YouTube)

https://youtu.be/7rRjFHuXm6I

まずはバージニア州ノーフォークの警察官達による、『アップタウン・ファンク(UpTown Funk!)』の口パクパフォーマンス。警察署の中で撮影したようで、どんどん人が増えていきますね。若手、ベテラン、上司、部下、男性、女性関係なく皆楽しそうです。最後には消防署まで参加しちゃってます。



地元テレビ局の番組にゲスト出演までしちゃいました。

Police Uptown Funk | Lip Sync Battle Challenge | Monroe Police & Fire Departments (YouTube)

https://youtu.be/5AqVcLxx-BI

ノーフォーク警察に張り合ったわけではなさそうですが、ジョージア州モンローの警察官達も『アップタウン・ファンク』の口パクパフォーマンスを披露。こちらは公共の場でのパフォーマンスですね。ノーフォーク警察と比較すると小所帯です。

You’ve waited…now here it is! OCPD’s lip sync battle video! (YouTube)

https://youtu.be/aypNSUpkM50

オクラホマ州オクラホマシティ の警察官はジャスティン・ティンバーレイクの『キャント・ストップ・ザ・フィーリング(Can’t Stop the Feeling!)』でリップ・シンク・チャレンジ。

WFPD Lip Sync Challenge 1080p (YouTube)

https://youtu.be/gVPjhbzi_lc

テキサス州ウィチタフォールズの警察官達も『キャント・ストップ・ザ・フィーリング』をネタにしてますね。

Lip Sync Challenge 2018 (YouTube)

https://youtu.be/H2Xl1EoDuGw

名曲きましたね。テキサス州のアービング警察は『エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ(Ain’t No Mountain High Enough)』を披露。

現在も全米の警察が続々と口パクパフォーマンス動画を投稿中です。『YouTube』で、「#LipSyncChallenge」または「police lip sync 2018」と入力して検索するとどれだけ流行しているかわかると思います。アメリカではギャングに負けず劣らず、警察も縄張り意識が強いんで、他の警察署に負けるなということなんでしょうか。

『YouTube』 ”#LipSyncChallenge” [リンク]

https://www.youtube.com/results?search_query=%23LipSyncChallenge&sp=CAI%253D

公務中はしかめっ面のオフィサー(英語で警察官のこと)達が、ノリノリでダンスする姿は見ているこっちまで楽しくなってきます。自分の好きな曲を探したり、クォリティが高い動画を探したりして楽しんでみてはいかがでしょうか。日本の警察にこういうノリがあってもいいと思うのですが、警察がこういうことすると日本では炎上しちゃうのかな。

※画像:『YouTube』より引用

https://www.youtube.com/watch?v=7rRjFHuXm6I

https://www.youtube.com/watch?v=2UWFCjhhL0w

※ソース:

https://www.cnet.com/news/police-lip-sync-battles-put-some-funk-into-law-enforcement/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス