とろサーモン久保田、薄毛で戦い続ける覚悟 「スキンヘッドは神への冒涜」

しらべぇ

2018/7/13 13:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

12日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて、「薄毛バレたくない芸人」企画が行われた。

すでに薄毛がバレている小杉竜一(ブラックマヨネーズ)が、世間にはあまり知られていないが薄毛の疑惑がある芸人たちを狩り集め、計7名が集結。薄毛との向き合い方について激論を交わした。

■疑惑のある芸人とは…


番組の冒頭、「薄毛ということを隠して、僕とかがいじられてるのを他人のふりして笑ってるメンバーを連れてきました」と小杉。

そんな小杉に選ばれたのは、「正統派でやってるんで、そういう笑いじゃない。マジで今日、転機になっちゃう」と恐れる塙宣之(ナイツ)を始め、角田晃広(東京03)、中岡創一(ロッチ)、久保田かずのぶ(とろサーモン)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、せいや(霜降り明星)の6名。

薄くなり始めた頭髪をどのようなテクニックを駆使してごまかしているのか、各自がそれぞれの対策を語る。分け目を変える、セット方法を工夫するなど数々の対処法を紹介していった。

■なぜ宮迫がツッコミ側にいる?


7名のトークを笑顔で見守り、所々で的確なツッコミを入れていた雨上がり決死隊に対し、不意に小杉が疑問を呈する。「宮迫(博之)さんも完全にこの街の1丁目の住人やった」と斬り込んだ。

かつては薄毛で悩んでいた宮迫。しかし今やその面影はほとんどなく、「若い人は、俺が薄毛で悩んでた時代を知らんもん」とすっかり過去のことにしている。

中岡は「ほかの番組では一切いじられないのに、『アメトーーク!』だけで宮迫さんからいじられる。しかも大して盛り上がらないのにカットされずオンエアされるから地獄です」と悲痛な心境を吐露。

これを受け、小杉は「まだ誰も気がついてないのに、宮迫さんはいち早く(薄毛に)気づく。元空き巣の防犯アドバイザーと同じ」と絶妙な例えで分析すると、「薄毛の気持ちは分かるはず。もっと優しくすべき」と苦言を呈した。

■スキンヘッドは神への冒涜?


久保田は「丸坊主に逃げる人」に言及。「与えられた髪で生きていくのが人間。わざと丸坊主にして逃げるというのは神への冒涜です」と断言してみせた。

宮迫から「小峠(英二/バイきんぐ)は?」と問われるも、「小峠さんは神を冒涜しています。スキンヘッドにして『元々髪ありませんでした』みたいに逃げるのは悪です。再度言います、神への冒涜だ!」と語気を強める。






■ハゲいじりが不快な人も多い


しらべぇ編集部の調査では、身体的特徴で人を批判する行為を「最悪だ」と考えている人が圧倒的に多いことが分かっている。7割近い人がそう答えている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

頭髪の薄さはとくに目立ちやすい身体的特徴の1つと言える。芸人としては「武器」にもなり得るが、一般的にはネガティブに捉えられがちな要素だけに、「ハゲをネタにすること」自体を不快に思う人も少なくない。

しかし同時に、日本には「他人の欠点をとにかく叩く」という文化も根強く存在する。ジャンポケ斉藤も番組内で「日本人の悪いクセですよね」と指摘。「もっといいところを言って高め合っていこうという考えはないんですかね?」と呼びかけている。

実際にSNSなどの反応では、今回の放送を「神回」とたたえる声が非常に多かった。出演芸人のトークが達者だったことももちろん大きく影響しているが、そもそも「他人の欠点が笑いになる」ことを良しとしている人が実数としてかなり多いことが伺えるオンエアとなった。

・合わせて読みたい→いしだ壱成が「ハゲ疑惑」に言及 「ツイッターでも言われる」

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス