関ジャニ∞錦戸亮×吉田大八監督、居酒屋で映画『羊の木』を語る

Billboard JAPAN

2018/7/13 12:00



2018年8月29日に映画『羊の木』のBlu-ray&DVDがリリースとなるが、この豪華版の映像特典として収録される、錦戸亮(関ジャニ∞)と吉田大八監督によるビジュアルコメンタリーの収録が実施された。

映画『羊の木』は、日本ギャグマンガ界の巨匠、山上たつひこ、いがらしみきおがタッグを組んだ超問題作を、『紙の月』『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化。主人公の市役所職員・月末一に、錦戸亮、さらに木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、そして松田龍平ほかオールスターキャストを配し、人間の本性を炙り出す衝撃と希望のヒューマン・サスペンス。釜山国際映画祭でキム・ジソク賞受賞後、数々の海外映画祭に招待されており、新たにトロント日本映画祭でも審査員賞最優秀賞を受賞した。

ビジュアルコメンタリーは、錦戸から「かしこまってコメンタリーをするのも恥ずかしいので、せっかくなので飲みながらやりたい」との提案があり、ロケ地にもなった富山県魚津市が運営する居酒屋で収録が行われた。乾杯ののち、映画本編がスタート。錦戸演じる市役所の月末が元殺人犯の受刑者たちを新住民として迎えにいく冒頭から始まり、松田龍平演じる宮腰とのファーストシーンでは、月末が運転する市役所の車が富山の海岸線を走っていく。実際に運転していた錦戸は「これ、僕が運転してるって分かります? ズームしないと分からないですよね?(笑)」と茶目っ気たっぷりで吉田監督に大胆にツッコむ。対する監督は「クレームですか?(笑)」と楽し気な様子で収録が進んでいく。

月末と宮腰が定食屋で昼食を食べるシーンでは「宮腰はお刺身を食べているけど、月末は地元のおいしいものを食べなれているから、カレーを頼んでいる」と監督が細かなこだわりを話した。錦戸はその際に食べていたカレーが激辛だったことを思い返し「お店の人がせっかくだからと激辛にしてくれたけど、わけわからんサプライズやった!(笑)」と撮影エピソードを振り返った。

少しシリアスなシーンが続くと画面に見入ってしまう2人に、スタッフがたまらずトークテーマをカンペで出すという一幕も。映画の話だけではなく、音楽の話にも花が咲く2人。バンドシーンでは錦戸たっての希望で事前にリハーサルが行われたそう。「リハーサルしなかったら息があわなかったかもしれない」と監督。演奏されていた音楽は監督が学生時代に好きだったジャンルだったそうで、ベースの弾き方にもこだわりがあったよう。錦戸は「こういう音楽まったく聴かなかったからループみたいなところとか全然覚えられなかったです。」と本音をぽろり。「シンプルじゃん!」との監督の一言に「シンプルやけど意外とちょっとずつ違うんすよ!!!」と音楽の話になるとついつい熱くなってしまう様子に収録スタッフ含め笑いに包まれた。

国際映画祭など海外での上映で各国を巡った吉田監督だが、イタリア・ウディネでのエピソードを披露するも、まさかの衝撃の結末に、錦戸は「なんやねんそれ! なんやねんそのオチ!」「いま、まあまあ大事なシーンありましたよ!(笑)」と爆笑が起こり、映画の大事なシーンで全く別の雑談が巻き起こる。収録の最後には錦戸から「これ、面白かったですか!?(笑)」と視聴者に問いかけ、「こんなふうに映画を楽しんでみていただけたら、嬉しいです」と締めくくった。

◎リリース情報
Blu-ray&DVD『羊の木』
2018/08/29 RELEASE 
<Blu-ray豪華版(Blu-ray+2DVD)>
JAXA-5068~5070 / 7,500円(tax out)
<DVD豪華版(3枚組)>
JABA-5308~5310 / 6,500円(tax out)
<DVD通常版>
JABA-5311 / 3,800円(tax out)
(C)2018『羊の木』製作委員会(C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

あなたにおすすめ