『ワンピース音宴~イーストブルー編~』の魅力とは? 応援サポーターの山里亮太と平祐奈×音楽監督・田中公平インタビュー

SPICE

2018/7/13 12:00


アニメ『ONE PIECE』の世界を、ブラス/マーチングバンドによる音楽とパフォーマンスで体現する『ワンピース音宴~イーストブルー編~』が、2018年8月に東京国際フォーラム・ホールCで開催される。応援サポーターに就任した南海キャンディーズの山里亮太平祐奈、音楽監督の田中公平に作品の見どころや期待することなどを語ってもらった。
山里亮太と平祐奈
山里亮太と平祐奈

−−製作発表記者会見で、実際にパフォーマンスをご覧になった感想を教えてください。(関連記事:ブラス・エンターテインメント『ワンピース音宴~イーストブルー編~』製作発表記者会見を開催!)

山里:とにかくワクワクしました。全く想像以上のもので、すごいなぁと思いました。ブラスバンドで『ワンピース』に関わる曲をやるぐらいかなと思っていたのですが、そうじゃない!  製作発表の演奏披露は一瞬でしたが、それが全体になったらどうなるんだろうと……。

平:本当に究極なコラボレーションで、素晴らしいなぁと思いました。『ワンピース』のキャラクターが漫画やアニメから本当に飛び出してきたかのようで、とてもクオリティが高かったです。ブラスバンドも、国境を越えたパフォーマーの方々が、気持ちをひとつに演奏している姿に圧倒されちゃいました。ワンピースワールドの中に入らせてもらったような気分になりました。

−−扮装したキャストの感想は?

山里:ものすごくクオリティー高かかったです。演じているというよりも憑依させている感じがすごく素敵でしたね。カメラが回っていない舞台裏でも、サンジはサンジらしい立ち振る舞いで祐奈ちゃんと喋っていたし(笑)。

:そう、喋らないのに、ジェスチャーと表情だけで、こんなに伝わってくるのすごいと思って!

山里:だから、ルフィー海賊団と一緒にふざけたり、近くで見ることができたり、そういう楽しさもあるんじゃないですかね。
平祐奈
平祐奈

−−平さんはトランペットを吹いたご経験があるそうですね。

平:はい。吹いていた頃を思い出しました。私も今も続けていたらこんな風に吹けたのかなぁと思ったりして……。

山里:厳しいオーディションを勝ち抜いた人たちだからね(笑)

田中:うん、オーディションは通らないかもしれないね(笑)

山里:いや、そこ、落とすんかい!(笑)

田中:みんなすごいですよ。まだ稽古が始まって1日しか経っていないのに、製作発表であれだけ出来るわけですから。

 すごいなぁ~!

−−山里さんは大の『ワンピース』ファンだそうですが、今回の作品のどのような面を期待していますか?

山里:『ワンピース』に限らないのですが、漫画を読んだり、アニメを見ている時って、その中に自分がいたらどうなんだろうと思うじゃないですか。普通はかなわぬ夢なんですが、それが今回はできるんじゃないかな。音が至る所から聞こえてきて、肌に音が当たってくる感じ。ブラスバンドと組むことで、今までの『ワンピース』のコラボレーションの中でも、ひょっとしたら群を抜いて没入感があるんじゃないかな。だから、すごくワクワクしています。

『ワンピース』は効果音がすごく特徴的ですが、その効果音に対してドンピシャな音を、先生やブラスバンドの人が作り上げてくれていて。完成した時にそれを感じたらどんな気持ちになるんだろうと想像が膨らみます。

田中:そうそう。一つ一つの斬撃の音や歩く音なども、全部楽器で表現しようとしているんですよ。それを客席の間近でやるわけですから。ほとんど録音をせず、人間の演奏で表現するので、それがきっと聴きどころだし、見所だと思う。

平:『ワンピース』をそんなに知らない方も楽しめると思います。私みたいに、ブラスバンドが好きでブラスバンドに興味があって見に行ったら『ワンピース』にはまってしまうかもしれませんよね。

山里:それは先生としても嬉しいのでは?(笑)

田中:いいですね、いいですね。
山里亮太
山里亮太

−−山里さんが平さんにオススメするキャラクターは?

山里:オススメのキャラクターかぁ……可愛らしいのが好きだったら、イーストブルーにはまだ出てこないけれど、チョッパーとかかなぁ。アニメとか漫画、ドラマでも、こういうキャラクターが好きとかある?

:うーん、なんかワイルドな感じのキャラクターが好きですね。

田中:それだったらゾロですよね!

山里:そうですね。これが格好いいのよ。方向音痴という欠点はあるんだけど、三刀流の使い手でね。つくづく思いますが、『ワンピース』は描写が素晴らしい。この人間はこういう性格なんだという見せ方が、エピソードの中にさらっと入れてあって……それをどうやってブラスバンドで表現するのか……。

田中:そこが難しいところですよね。少しは使いますが、基本的にセリフは使えないわけです。原作は名セリフのオンパレードじゃないですか。

山里:名言が多いのに、それをノンバーバルでやるっていうのはすごい挑戦ですよ。

田中:そう、それはハードル高いですよね。セリフを言っているわけじゃないのに、舞台を見ていると、セリフが頭の中で聞こえてくるような舞台にしたいですね。確かにセリフがないから難しいところもありますが、でもね、セリフがないおかげでいいことが一つあるんです。海外公演の可能性が……!!

:そうか! それはぜひやってほしいですね。
製作発表の様子
製作発表の様子

−−イーストブルー編の魅力はどんなところだと思いますか?

田中:今回のイーストブルー編は、一人ずつ仲間が増えていくところを上演します。一つ一つのエピソードがみんな濃いし、めちゃめちゃいいエピソードなので、そこを見せようと思っていて。みんな一人じゃない、ちゃんと生きていればいい仲間ができるよというのを伝えたいですね。

山里:そんなの、めちゃくちゃ感動ですよ。泣けるシーンばかりです。

田中:イーストブルー編であんなに濃いんだから、これからもし続けば、チョッパーもロビンもブルックも出てくるわけで……それが一つ一つ涙涙の物語ばっかり!

山里:その人間がどういう風に悲しみを乗り越えてきたか、とかね、今そこにあるキャラクターはこんな悲しさをはらんでいるとかね。それがちゃんと描かれているから、まぁ泣けるのよ。イーストブルー編でどこかいいですかというと、一人一人がずっと話せるぐらい、みんなが心掴まれているシーンがいっぱいあるの。

:すごいですね。ワンピース会ができちゃいそう。

山里:イーストブルー編で出会っていくシーンは一番ドラマがあるから、この記事を読んでくださる方にはめちゃくちゃハードル上がったと思うけど、でも先生は自信を見せますね。ハードルを越える自信があるっていうことですよね。

田中:大丈夫です、大丈夫です。1部見ていただいただけでお腹いっぱいになるから(笑)

山里:いやいや、宴もあるでしょう(笑)。2部はMr.Childrenさんの曲だったり、東方神起さんの曲だったりをコンサート形式で演奏するんですから!!

:1部も2部も楽しみです。
田中公平
田中公平

−−最後に、どんな方に見ていただきたいか一言お願いします!

山里:『ワンピース』が好きな人は、これまでいろんな『ワンピース』の見方や楽しみ方を経験したと思うんですけど、ひょっとしたら、この音宴で『ワンピース』の楽しみ方の最終形態をコンプリートできるかもしれない。『ワンピース』好きはぜひコンプリートしてほしいです。『ワンピース』にそんなに詳しくない人はこの作品をきっかけに、『ワンピース』を好きになってもらって、幸せな一歩目を歩んでほしいですね。

:『ワンピース』が大好きな方もそんなに知らない方でも、楽しめると思います。世代も男女も問わず楽しめます。『ワンピース』は航海するんですけど、見て絶対後悔しないので……(笑)。

山里・田中:うまい!

:この夏をワンピースパワーで乗り切ってほしいなぁと思います。

田中:アニソンは日本を代表する、世界に通用するツールだと思うんです。世界中の人と一緒に体験できるように、まずは日本で経験しておこう、と。この作品が世界へ行った時に世界中の人と一緒に『ウィーアー!』を歌えるような未来がくると嬉しいなと思います。まずはその一歩、日本公演を成功させて、そのあとにつなげたいと思います。

取材・文・撮影=五月女菜穂

あなたにおすすめ