ゴキブリに好かれる家になってない? 手軽にできるゴキブリ対策


●「ゴキブリに好かれる家」になってない?
突然ですが、あなたの自宅は「ゴキブリに好かれる家」になっていませんか?

仕事から帰って、玄関のドアを開けたら、サササッとゴキブリの黒い影が横切ろうものなら……。リラックスどころではありませんよね。そこで今回は、ゴキブリに好かれる家の特徴と、ゴキブリに嫌われる家をつくるポイントをご紹介します。

○■家に出るゴキブリの種類って?

「家に出るゴキブリ」には2種類あります。それは「我が家で誕生したゴキブリ」と、「他所から侵入してきたゴキブリ」です。

見慣れれば、パッと見て種類の違いまでは判断できるものですが、「我が家出身か否か」については残念ながら、一度見ただけでは見分けがつきません。ただ、おおよそ推し量ることのできる指標はあります。それは、目撃したゴキブリが、「複数か単数か?」ということです。

家の中で繁殖している場合、時として2~3匹か、それ以上の数のゴキブリを同時に目撃することがあります。それが小さな個体(孵化したばかり)である場合、より確定的となります。どこかに卵が産みつけられ、孵ってエサを求めて活動している様子が窺えるためです。

さてそんな「我が家産まれ」のゴキブリも、自然発生したわけではありません。もともとは、どこか外部から入ってきた個体が繁殖したものであるはずです。

つまり、いかに「我が家」がゴキブリの定着しにくく、生活や繁殖に適さない環境か、ゴキブリに好まれない環境にするかということが非常に肝要なのです。知らないうちにゴキブリに好まれる家になっていないか、ここで一度確認してみましょう。
○■ゴキブリに好まれる家の条件

ゴキブリに好まれる家の条件として、以下の10項目があげられます。あなたの家は、当てはまっていませんか?

1. 人の手の入りにくい「隙間」が沢山ある

薄平べったいゴキブリはほんの数ミリの隙間があれば移動できますし、そんな空間を巣(鳥の巣のようなものではなく、仲間が寄り集まれる場所)にすることもできます。冷蔵庫と壁の隙間などの他、家電の内部などに巣くうこともあります。

2. あまり換気をしない、ひと気がない

湿気ったカビ臭いような空気環境はゴキブリの最適環境です。

3. 日常的に掃除の頻度が低い

床に落ちているホコリ、髪の毛、フケ、食べ物のカスなどゴキブリの格好のエサとなります。

4. いつもジメジメしている

ゴキブリは乾燥環境を苦手としています。

5. 植木鉢、プランターが多い

ゴキブリの巣になりやすく、水受け皿は格好の水場になります。

6. ダンボール、古紙、空き缶などのゴミをベランダなどに溜めがち

生ゴミではないのでうかつに扱いがちですが、いずれもゴキブリの生息に好まれ、特にビールの空き缶に残ったビールなどは大好物なので、近隣から寄ってくるリスクが高まります。

7. 洗濯物(汚れ物)を、洗濯機の中に溜めて保管している

下着などの汚れをエサにする、と聞くと気持ちが悪くなりますが、よく寄ってきます。

8. 玉ねぎ、じゃがいもを常温保存している

いずれもゴキブリの好物です。

9. よく生ゴミを捨て忘れる

言わずもがなですが、縛ったゴミ袋の隙間など簡単に侵入して、エサを漁ります。

10. 下駄箱の扉を開けるといつも臭い

あんがいゴキブリ目撃件数の多い玄関、古い靴にこびりついたアカや、カビなど好まれますので、臭う下駄箱周りは危険地帯と心得ましょう。
○■お金も手間もかけず「ゴキブリに嫌われる」家にするためできること

裏を返せば、ゴキブリに好かれる家の「逆の状況」を住まい内に作り出すことで、ゴキブリに嫌われ、住まいから去ってもらうこともできなくはないということになります。

特に集合住宅などではベランダ伝いや、古い建物なら壁の中、配管など伝って、よりゴキブリにとって快適環境、住まいへとすみやかに移動することもあります(ただしその逆もあるので、くれぐれも注意してください)。

とりあえず、既に自宅の中で複数のゴキブリを確認してしまった場合であれば、自発的に出て行ってもらうよりも、まずは一度燻煙・燻蒸剤など使って、卵など含めしっかりゴキブリ駆除(殺虫)することが必要になります。

その後、再度移ってきたり繁殖されたりしないように、以下の項目からぜひ実行してみてください。

・1日2回以上の換気を行い、家中の空気を入れ替える
・掃除の頻度を高める
・除湿機を稼働させたり、換気したりする
・植木鉢やプランターを減らす(特に室内観葉植物)
・ダンボール、古紙、空き缶などはすみやかにゴミ収集に出す
・洗濯物は溜めずに洗い、すみやかに干す
・玉ねぎやじゃがいもは洗って野菜室にしまう
・生ゴミをぬかりなく捨てる
・下駄箱内の臭い靴は処分し、時々開け放って乾燥させる

ひとつひとつは決して難しくありませんが、積み重ねていくことが大切なのです。

●「ゴキブリが出る!」って、当たり前?
家庭害虫の代表格といえばゴキブリ。けれども、「ゴキブリなんてどんな家にでも出るもの」という"日常"感覚と、「一度も見たことがない」という"非日常"認識とに、案外ハッキリ分かれるのではないでしょうか。

ある家にはしょっちゅう出るのに、別の家には何十年も出ない。この違いは一体どうして生じるのでしょうか。
○■ゴキブリが出やすい家って、どんな家?

実はゴキブリが「出やすい」家には、環境面で以下のような共通点があります。

・集合住宅なら一階、ないしは一戸建て
・木造、ないしは築年数の経った鉄筋コンクリート造り
・川、水路、暗渠が近い
・帰宅してドアを開けると、いつも冷やっとするのではなく「モワッと」温かい
・飲食店が近い、ないしは同じ建物内にある

また、個々のライフスタイル面では、

・昼間は外出がちで窓は閉め切り、換気しない
・ベランダやテラスに、生ゴミやカン・ビンなどのゴミが多い。ゴミを捨て忘れることが多い
・洗濯頻度は少なめ(数日置き~週1程度)
・洗い物は溜めがち
・ダンボール、新聞、雑誌類が多い

など、「水」「湿気」「気温」「エサ」「隠れ場所」を担保できる環境の家には出やすいようです。思い当たるところがあるという方も多いのではないでしょうか。
○■ゴキブリの出没ポイントと活動期って?

逃げ足の速いゴキブリでも、時々私たちに見つかってしまいます。そして、家の中でゴキブリが出没するポイントは、比較的、共通しています。出没する頻度が多いポイントは以下の5点です。

・キッチンの冷蔵庫近く
・ゴミ箱内
・玄関の下駄箱近辺、靴の中
・洗面脱衣所の脱衣籠の中
・縛って束ねたダンボール箱の隙間

ちなみに、ゴキブリが出没しやすい季節、つまり活動期というのは概ね春から秋。気温が高過ぎない過ごしやすい時期になります。

10度以下の低温下で動かなくなるというのはなんとなくイメージがつくのではないかと思うのですが、35度を超える高温下でもゴキブリの活動は鈍り、40度を超えると死に至ってしまうほど意外にゴキブリは暑さに弱い生き物です。

そのため夏の猛暑時にはエアコンの効いた環境に潜んでいる様子。つまり、私たち人間にとって快適な環境と、ゴキブリのそれとはかなり似通っているということです。これがゴキブリ退治を若干難しくさせている原因の一つとも言えます。
○■今すぐできるゴキブリ対策

さて、ともするとうっかり家の中で共生共存しかねないこのゴキブリを、確実に「駆除」したい場合、どうすればいいのでしょう? 二つの条件別に具体的な方法をご紹介しましょう。

【1】家にこれまでゴキブリが出たことがない場合
おそらく現時点では、ゴキブリにとりわけ好まれる要素のない家。ライフスタイルなどは現状を維持しつつ、「これから先も出ないようにする」対策を追加していきましょう。

流しのゴキブリを水際で阻止する
自宅内には生息していないとしても、共同住宅などの場合は隣家で大発生している可能性など常にあります。そういったゴキブリがフラッと我が家に入り込まないよう、ベランダなどの隣接部に屋外用の「捕獲器」や「毒餌剤」を仕込んでおきましょう。
ゴキブリ「忌避剤」を要所に備える
キッチン、リビングなどゴキブリに出て欲しくない場所を中心に、ゴキブリの嫌がる匂いなどを継続的に放出させる「忌避剤」を備えておきましょう。

【2】家にゴキブリが出たことがある、あるいはよく出ている場合
一週間程度の短期間に5匹以上目撃してしまっている場合には、すでに大変繁殖してしまっている可能性があります。梅雨や夏というゴキブリ繁殖ハイシーズンに入る前に退治しないと、さらに増えてしまいかねないのです。

「燻煙剤」をかける

煙で目の届かない場所にいるゴキブリやその卵などまで一気呵成に退治するには、家庭用では「くん煙・くん蒸剤」が一番効果的です。

熱で殺虫成分を煙状にして拡散させる「くん煙剤」も、エアゾールの噴射力で霧状に拡散させる「くん蒸剤」も、あらゆる隙間含めて部屋中に殺虫成分を蔓延させてこその効用。食べ物や食器や衣類などを前もって片付けたり、密閉したりカバーしたりなどの準備に手間がかかりますが、モノやゴミの整理自体がゴキブリ対策としても有効です。やると決めたら、なるべくはやめに行いましょう。

「待ち伏せ」効果を足す

冷蔵庫と壁の隙間、ゴミ箱、脱衣所など、ゴキブリをすでに見たことのあるポイントというのはゴキブリの通り道や巣(鳥の巣のような形状であるわけではなく、なんとなくたくさん集まりやすい場所)に近いと考えられます。

そういったポイントを狙って「毒餌剤」「捕獲器」などを置くほか、エアゾールタイプの殺虫剤のうち、毒成分を事前に通り道などに噴霧し残してゴキブリの通りがかるのを待ち伏せする効果のある製品もあります。

以上の対策を、住まいや家庭の事情の中で可能な範囲で諸々組み合わせ、ゴキブリ駆除ができるといいですね。

○筆者プロフィール: 藤原千秋

主に住宅、家事、育児など住まい周りの記事を専門に執筆するライターとして18年目。リアルな暮らしに根ざした、地に足のついたスタンスで活動。現在は家事サービス、商品開発アドバイザリー等にも携わる。大手住宅メーカー営業職出身、高1、小6、小2の三女の母。『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)、『ズボラ主婦・フニワラさんの家事力アップでゆるゆるハッピー!!』(オレンジページ)など著監修書、マスコミ出演多数。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス