世界中で試験導入される3D横断歩道 交通事故防止の切り札となるか

ガジェット通信

2018/7/13 11:00



アイスランド、モザンビーク、イラク、カナダといった国々で、次々に3D横断歩道が登場し話題になっています。

https://twitter.com/mattwhitlockPM/status/1006231002434428928

車のスピードを落とさせるために、アイスランドのイーサフィヨルズゥルという町で3D横断歩道を描いている作業員。

https://twitter.com/AliAjeena/status/1005256694128168961

イラクのバグダッドにある3D横断歩道。

https://twitter.com/basiliomuhate/status/1006191982828490753

モザンビークのマプトで作業員が労働中の3D横断歩道。

https://twitter.com/mtlgazette/status/1016788944556646401

カナダのモントリオールでも。

立体的な3D横断歩道は、人間の目には障害物と錯覚して見えることで、ドライバーが条件反射的に減速することが期待されています。現在、世界各国で試験導入されているものの、まだ科学的な根拠は立証されていないようです。今後様々なデータと試験結果が公表されるでしょう。

日本に数年住んで仕事をしていたアメリカ人の友人に「日本とアメリカの一番の違いは?」と聞いたら、「アメリカ人は車を運転していても、歩いていてもぶつかりそうになると必ず止まる。でも、日本人は車、電車、自転車、歩きなんでもそうだけど、なぜか止まれない。礼儀正しいかもしれないけど、マナーは良くないし、危ない」と言っていたことを思い出しました。確かに横断歩道を人が歩いているのに、これでもかと寄ってくるタクシーとか多いですからね。日本でも試験導入してみたらどうでしょうか。

※画像:『Twitter』より引用

https://twitter.com/Rainmaker1973/status/993452990257422341

※ソース:

https://twitter.com/i/moments/1016813276859072513

https://montrealgazette.com/news/local-news/outremont-tries-out-3d-pedestrian-crosswalks-to-slow-down-drivers

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ