意外と気付かない?イライラさせる会話のポイント

カナウ

2018/7/13 11:00


意外と気付かない?イライラさせる会話のポイント

「なかなか彼氏ができない」と嘆いている女性は、相手をイライラさせる話し方をしている可能性が高いです。

そこで今回は、イライラさせる会話のポイントを、男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

自分の話ばかりする


人の話は一切聞かず、自分の話ばかりする人は嫌ですよね。

ただ、わかっていても自分の話したい欲求が勝ってしまい、自分ばかりがしゃべってしまう人は多いです。

会話は、「話す:聞く」の割合を「3:7」にするようにしましょう。

もちろん、常にこの割合で話す必要はありません。

また、自分がおしゃべりであることを自覚している人は、「1:9」ぐらいの割合で会話をすることをオススメします。

否定形で返答してしまう


相手が話した後に、「いや」「でもさ」と否定形で返答してはいませんか?

会話は「共感」を求めることが多いので、否定形で返されると、「この人と話してもつまらない」「なんか会話がのらないな」とネガティブな気持ちにさせてしまいます。

ですので、否定形で返答することが癖になっている人は、早急に直す必要があるでしょう。

また、ネガティブな情報を交えた返答も良くないです。

例えば、「あの映画面白かったんだ」と言った後に、「そうなんだ。でも、あの映画って評判悪くない?」と言ってみたり、「あそこのショートケーキ美味しいらしいよ」と言われ、「私、ショートケーキは苦手なんだよね」といった返答をしてしまうのも、会話の心地よさを奪ってしまいます。

会話をする際は、ネガティブな表現を使わないほうが無難と言えるでしょう。

すぐに「わからない」と言う


上記した理由と被る部分もありますが、「わからない」というセリフはあまり使わないほうが良いでしょう。

「わからない」「知らない」と言われると、言われた側は拒否感を覚えてしまいます。

もちろん、わからないことはしょうがないので、「わからない」と言っても問題はないです。

ですが、「わからない」で終わらせるのではなく、「それってなに?」「良かったら教えてくれない?」と質問するようにしましょう。

そうすれば、ネガティブな感情は生まれにくく、むしろ理解しようとしている姿勢に好意的な印象を持ってもらえます。

わからない話を振られると、テンションが下がってしまう気持ちはよくわかりますが、上辺だけでも興味のある振りをすると良いでしょう。

まとめ


自分の話し方が相手をイラッとさせているかどうかは、なかなか気づきません。

ですので、友だちに「私って話すぎてない?」「『わからない』って言いすぎてない?」と確認してみることをオススメします。

(高萩陽平/ライター)

あなたにおすすめ