13日 西日本・東海エリアの天気と注意点

日直予報士

2018/7/13 10:44

13日の西日本・東海エリアは、一段と暑さが厳しくなるでしょう。最高気温は広く30度を超え、35度以上の猛暑日になる所もある見込みです。熱中症に警戒が必要です。午後は山沿いを中心に急な雷雨にお気を付けください。

●各地で「危険」な暑さに

きょう13日は、高気圧に覆われて、日中は強い日差しが照りつけるでしょう。最高気温は広く30度を超え、前日より高くなる所が多く、35度以上の猛暑日になる所もある見込みです。西日本・東海エリアは熱中症「危険」レベルになるでしょう。復旧作業は、帽子で日差しを遮り、ときどき休憩をはさむようにしてください。避難所など屋内でも、警戒が必要です。できるかぎりの対策をしてください。

●にわか雨は山沿い中心

ここ数日は、あちらこちらで雨や雷雨がありましたが、きょう13日は、雨や雷雨のエリアがせまくなり、山沿いが中心となるでしょう。ただ、山沿いで発生した雨雲が、北よりの風に流され、被災地に流れ込む可能性があります。地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害に十分注意をしてください。また、自分のいる場所で雨が降っていなくても、川の上流で降った雨が中流や下流に流れ込んだり、土砂が流れ込んだりして、川が増水することも考えられます。引き続き、河川の増水に警戒、注意が必要です。

●満潮時刻は冠水や浸水にも注意

きょう13日は新月です。新月と満月のころは、大潮により満潮の時間帯を中心に潮位が高くなります。西日本・東海の沿岸の一部では、海岸や河口付近の低地で浸水や冠水のおそれがあります。川の水がひきにくくなることも考えられますので、むやみに近づかないようにしてください。来週前半にかけて注意が必要です。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス