タイプの男がダメ男なのにどうすれば幸せになれるの【トイアンナのしくじり恋愛】

ハウコレ

2018/7/13 11:00



こんにちは、トイアンナです。ダメ男を好きになる人生でした。とはいえ私も30代、ダメ男は見抜けるようになりました。見抜くことはできるんですが、恋に落ちるのはやめられない。かつてはダメだと分からず好きになっていましたが、今やダメと分かって好きになる始末。いっそ病状が悪化したと言わせてください。

■好きになるタイプはどうあがいても変わらない
恋愛でコケた女性なら誰でも学ぶこと。それは「元彼のような人を好きになってはいけない」の1点です。苦労の果てに浮気性やDVの男と別れた私も思いました。もう二度と自分を傷つける男とは付き合わないと。

でも、でも別の日に思ってしまうんです。「この人、素敵!」って。そして自分が素敵だと思う男はたいていクズなんだよ!!! 10代の頃は「何度生まれ変わっても同じ相手と恋に落ちる」なんて少女漫画を見ては思いを馳せていました。いまや何度クズ男と別れても、また同じタイプと恋に落ちる三十路の自分を見て壁に頭ぶつけてるよ!

■好きな男か、好きになれないいい男か
そこまで言っておいて、好きになるのが「DVを振るうけど筋骨隆々の優良遺伝子の持ち主」とかならまだわかります。私ってば動物の本能に従ってこうなってしまったのね、と。けれど私が好きなタイプはヒョロガリ系の文学青年。生物の本能よどこへ行った。世間体、動物の本能、友達からの信頼……すべてを投げ捨てて、ダメ男を好きになってしまうのです。

そうしてアラサーへ突入すると、唐突に「居心地のいい男と結婚しよう」「年収より相性」といった正論が巷へ溢れます。何を隠そう、私だってそんな恋愛コラムを書いています。

けれどもし、好きになる男が真逆のタイプだったら? どう考えても「いい父親」「いい夫」にはなれそうもなく、何なら「いい彼氏」ですらなさそうな男ばかり選んでしまう自分がいたら。それを無視してでも自分を愛し、尽くしてくれる彼を選べますか?

私は選ぶ自信、ありません。きっと「いい年こいて、こんなクズ男を掴むんかい!」と叫ぶ冷静な心の声と、「しゅきしゅき! クズ男しゅき!」と暴走する声のはざまで反復横跳びをするでしょう。

■クズを好きになってもいい。相応の覚悟を背負え
だから私は、不倫をやめろだとか、クズはやめておけとは言いません。それを超える好みがあるのはもはや仕方ないのです。けれどクズを自分で選んでおきながら「なぜクズなのかしら」とため息をつくのはアラサー前までにしておきましょうよ。

だって彼がクズ男ってわかっていたのに付き合ったでしょう? クズ男を選んでからクズっぷりに悩むのは、スーパーのセール品を買っておきながら賞味期限が短すぎると怒るようなものです。

クズを好きになってもいい。ただしその責任は自分で背負って生きていきましょうや。それがアラサーとして背負える、せめてものプライドに思えてなりません。どうせ自分の人生、何を選ぶにせよ胸張っていきましょう。(トイアンナ/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ