東てる美 肺腺がんを公表「しばらくは治療に専念」 近日中に治療開始

 女優の東てる美(61)が13日、公式サイトを通じ、ステージ1の肺腺がんを患っていることを公表した。

 所属事務所は東に肺腺がんが見つかったことを受け、近日中に治療を開始する予定だとし、「治療の経過と体調を見ながら、改めてコメントする機会を設けさせて頂く予定でございます」とした。

 東は「この度、私、東てる美に病気が見つかりました。病名は『肺腺がん』です」と病名を公表。「5月に医療テレビ番組で精密検査を行った際に、肺に影が見つかり、その後6月にも再検査を続けた結果、ステージ1の肺腺がんであることが分かりました。現在も検査中です」と初期であり、現在も検査中であることを明かし、「先生の話によりますと、腫瘍はまだ手術が可能な大きさであること、また比較的早期の発見ということですので、これからしばらくは治療に専念させていただこうと思っております」としばらくは治療に専念することを報告。「いち早く回復したお姿をお見せし、応援してくださる皆様へ感謝の気持ちをお伝えしたいと思いますし、治療が成功することで『検査の重要性』を広く認知することや『同じような境遇の方への希望』となれますよう、この場をお借りして公表させていただきます」と直筆の署名とともに、公表した思いをつづった。

 関係者によると、東はTBSの医療番組「名医のTHE太鼓判!」の企画で、東は5月に人間ドックを受診。心臓を中心とした検査だったが、偶然にもエックス線検査で左肺に影が見つかった。6月に精密検査を受けたところ、肺腺がんと診断された。現在のステージは1B。腫瘍が3センチ強と小さいためすぐに手術を受けることが可能で、医師からは「完璧に治る可能性が高い」と言われている。本人に自覚症状がなく、悪性の腫瘍であったことを驚いている様子だという。

 以下、東てる美のコメント全文。

関係者の皆様

お世話になっております。

突然このような形でのご報告となり申し訳ありません。

この度、私、東てる美に病気が見つかりました。病名は「肺腺がん」です。5月に医療テレビ番組で精密検査を行った際に、肺に影が見つかり、その後6月にも再検査を続けた結果、ステージ1の肺腺がんであることが分かりました。

現在も検査中です。先生の話によりますと、腫瘍はまだ手術が可能な大きさであること、また比較的早期の発見ということですので、これからしばらくは治療に専念させていただこうと思っております。

いち早く回復したお姿をお見せし、応援してくださる皆様へ感謝の気持ちをお伝えしたいと思いますし、治療が成功することで「検査の重要性」を広く認知することや「同じような境遇の方への希望」となれますよう、この場をお借りして公表させていただきます。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス