土屋太鳳VS芳根京子『累』“表”と“裏”両A面ビジュアル解禁

クランクイン!

2018/7/13 08:00

 土屋太鳳と芳根京子がダブル主演する映画『累‐かさね‐』より、新たなメインビジュアルが解禁となった。両A面チラシとなっているビジュアルには、“キスした相手と「顔」を入れ替えられる口紅”を使い互いの顔を入れ替える2人のヒロインの姿が描かれている。

【写真】『累‐かさね‐』両A面のメインビジュアル

累計発行部数220万部を突破した、松浦だるまの「美醜」がテーマの同名コミックを実写映画化した本作。劇中では、伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力を持ちながらも醜い容姿にコンプレックスを抱く淵累(芳根)と、美貌に恵まれるも花開けずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋)が、“キスした相手と「顔」を入れ替えられる口紅”を使い、互いの顔を入れ替えることとなる。

解禁されたビジュアルは、キスをして顔を反転させる累とニナにちなみ、「表」と「裏」で反転させてもどちらもメインビジュアルとなっている両A面チラシ。片面は「美しいだけで、幸せですか?」「醜いだけで、罪ですか?」というコピーに囲まれ、顔を寄せ合う土屋と芳根の、美しくも妖しい表情を収めたもの。もう一方は、同じ構図の2枚の写真が並べられ、土屋と芳根の顔がキスをしたことによって入れ替わっていることが分かる不思議なビジュアルとなっている。

メガホンを取ったのは『ストロベリーナイト』『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督。累とニナがともに思いを寄せる新進気鋭の舞台演出家・烏合を関ジャニ∞の横山裕が演じ、累の母で伝説の大女優・透世を、自身も宝塚のトップスターとして一時代を築いた檀れいが担当。そして、累とニナを引き合わせる物語の鍵を握る謎の男・羽生田には浅野忠信が扮する。

映画『累‐かさね‐』は9月7日より全国公開。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス