【東京ディズニーリゾート35周年】ドナルドたちと一緒に踊って盛り上がろう! 「レッツ・パーティグラ!」

OVO

2018/7/13 07:00


 前回、ディズニーシーの新エンターテイメント・プログラム「ハロー、ニューヨーク!」を紹介しましたが、ディズニーランドでも新たなプログラムが開催されています。それが、今回ご紹介する「レッツ・パーティグラ!」です。

3月19日に閉幕した「ミニー・オー!ミニー」に続くエンターテイメントショーとして今回はドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートがショーの中心となり物語が進んで行きます。

ニューオーリンズの伝統的なカーニバル、マルディグラを楽しみに会場を訪れたドナルドとホセ・キャリオカ。しかし、マルディグラは終わってしまっていて、がっかりするドナルド。しかし、マルディグラに負けないくらい最高に楽しいお祭りを自分たちで作ろうとホセ・キャリオカが提案すると、2人の親友パンチートが南米のくす玉「ピニャータ」と共に登場。

ドナルドがピニャータを割ると、お揃いのシルバーのジャケットを着たミッキーとグーフィーが登場。ラテン調の音楽がかかり、マルディグラとパーティーを掛け合わせた最高に楽しいお祭り「パーティグラ」が始まります。

続いてドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートはパーティグラの開催を喜び、歌を歌ってさらに盛り上げます。そこにディズニー短編『ジャングルのおどけ者』のアラクアンバードも登場し、楽しそうに踊ります。

陽気な音楽からしっとりとした曲に変わり、バレリーナのようなドレスに身を包んだダンサーが登場。優雅に踊っていると突然しゃぼん玉が舞い始め、ステージ奥からロングドレスを着たミニー、デイジー、クラリスが歌いながら登場します。

3人の歌声にうっとりしていると、ミニーの掛け声がかかります。すると、3人のロングドレスが踊りやすいキュートなドレスに一瞬で変化!

客席からは歓声が湧き起こりました。曲もポップ調に変わり、ドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートが再び登場。ミニーたちは3人のエスコートでステージを後にします。

そして、誰もいなくなったステージから強いビートが聞こえてくると、カラフルなシャツを着たグーフィーとマックス、ダンサーたちが登場し、ダンスを披露します。

音楽が盛り上がってくると、お揃いのシャツを着たミッキーも登場。3人はラップ調で歌ったり、ヒップホップ調にアレンジされたミッキーマウスマーチやジッパ・ディ・ドゥー・ダーに合わせてキレのあるダンスを踊ったりします。

そこにドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートも加わってさらに会場は大盛り上がり。さあ、今度はゲストも活躍する番です。しばらくダンサーと一緒に振り付けを練習した後、ドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートも再び加わってて一緒に踊るのです。この振り付け、全力でやると結構二の腕に効きます。次の日は筋肉痛で腕が上がりませんでした。

ホセ・キャリオカの「最後はみんなでお祝いしよう!」の掛け声を合図に新しいコスチュームに着替えたミッキーたちが集合すると35周年のテーマソングが流れ、ダンスをしたり、歌ったりと大盛り上がり。そして、客席におりてゲストたちと共にパーティグラの振り付けや手拍子で一緒に盛り上がるとカラフルなテープリボンやしゃぼん玉が舞い降り、歓声が響く中フィナーレを迎えます。この演出は「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」期間中限定なので、早めに見ておきたいですね。

ダンスに歌にキャラクターたちとのふれあいまで楽しめる最高の“パーティグラ”はいかがでしたか?

ディズニーランドのお店ではレッツ・パーティグラ!の衣装を着たミッキーとミニーのぬいぐるみやナノブロックが販売されているので、ゲットしておきたいですね。

あなたにおすすめ