大泉洋が世界一愛される超ひねくれ者に 『グリンチ』日本版予告解禁

クランクイン!

2018/7/13 05:00

 俳優の大泉洋が、映画『グリンチ』でハリウッド映画の吹替えに初挑戦することが分かり、主人公であるグリンチのひねくれ者ぶりが収められた日本版予告映像が解禁となった。また、本作の日本公開日が12月14日に決定したことも発表された。

【写真】『グリンチ』&大泉洋フォトギャラリー

人気キャラクター「ミニオン」を生み出し、『ペット』や『SING/シング』も大ヒットを記録したイルミネーション・エンターテインメントが手掛ける本作は、絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』のアニメ化作品。劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチが、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる姿を描く。

解禁となった日本版予告映像では、グリンチが孤独ゆえにひねくれ者になってしまったことが明かされているほか、大人になったグリンチが、愛犬とのチェスでズルをしたり、クリスマスを盗む計画を実行に移そうと奮闘する様子が収められている。小さい頃は純粋で可愛かったのに、オトナになったら超いじわるなヤツになってしまったグリンチは、少しぽっちゃり気味。全身緑の身体に、トレードマークである赤いマフラーを巻き、ふてぶてしく歩く姿がどこか愛らしく憎めないキャラクターだ。

大泉は本作への出演について、「今回僕が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いで、いじわるばかりしている“超ひねくれ者”です。そんなグリンチのキャラクターにぴったりということで、オファーを頂いたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、『なぜだろう?』と不思議に感じております!」とコメント。「でもこれがまた憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」と意気込みを明かしている。

映画 『グリンチ』は12月14日公開。

あなたにおすすめ