星野源“熱すぎる”夏の思い出「再放送でそのシーンを見るたびに思い出す」

 音楽家で俳優の星野源(37)が12日、大阪市内で開かれたアニメ映画「未来のミライ」(監督細田守、20日公開)の親子試写会で舞台あいさつし、“熱すぎる”夏の思い出を明かした。

 子どもたちがあふれる試写会場に笑顔。少年時代の夏休みの記憶を問われると、親の友人宅で泊まった際のエピソードを「よい子の皆は絶対にまねしないでね」と前置きして、話し始めた。宿泊先の家にも同い年の子どもがいて、一緒に公園で花火。前後に揺れる遊具に乗りながら花火をしていると、灰が半ズボンの中に入ったという。「股間でジュッ!って。直撃は避けたけど、股を大やけどしまして」と苦笑い。慌てて公園の水をかぶったという。

 その後、「家の中で(やけどの痛みを)つらい、つらいと思ってる時に、確か(ドラマ)“101回目のプロポーズ”の放送があって、武田鉄矢さんが“僕は死にましぇ~ん”って言ってた」と回想した。「再放送でそのシーンを見るたびに、やけどを思い出す」と吐露。得意の?下ネタで、爆笑を誘った。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス