プロ野球の球団はどれくらいSNSやってるの? 12球団のフォロワー数ランキング



2018年7月12日、横浜DeNAベイスターズがTwitter & Instagramの公式アカウントを開設した。えっ、やっていなかったの!? なんて声が聞こえてきそうだが、どうやらやっていなかったらしい。

そこで気になるのが「プロ野球の球団はどれくらいSNSやってるの?」ということだが、2018年7月12日時点での12球団のフォロワー数をランキングにしたのでご覧いただこう。比べたのはTwitter、インスタ、Facebookの3部門。まずはもっともユーザー数が多いと思われるTwitterからいってみよう。

・Twitterランキング
1位:阪神タイガース → 133万6300人
2位:北海道日本ハムファイターズ → 89万3200人
3位:福岡ソフトバンクホークス → 87万1900人
4位:中日ドラゴンズ → 79万9800人
5位:千葉ロッテマリーンズ → 73万8000人
6位:東北楽天ゴールデンイーグルス → 64万3900人
7位:東京ヤクルトスワローズ → 58万3300人
8位:埼玉西武ライオンズ → 35万9700人
9位:読売ジャイアンツ → 31万8000人
10位:オリックス・バファローズ → 30万6000人
11位:横浜DeNAベイスターズ → 開設直後

さすが人気球団というべきか、阪神は100万人オーバーにフォローされていた。なお、広島東洋カープはTwitterアカウントを持っておらず。完全に余談だが、ネットで人気のバファローズポンタは27万5700人と球団に迫るフォロワーを抱えていた。続いて近年勢いのあるインスタのランキングに移ろう。

・インスタランキング
1位:北海道日本ハムファイターズ → 14万5000人
2位:読売ジャイアンツ → 14万人
3位:阪神タイガース → 13万1000人
4位:福岡ソフトバンクホークス → 11万3000人
5位:東北楽天ゴールデンイーグルス → 6万9300人
6位:千葉ロッテマリーンズ → 5万6900人
7位:オリックス・バファローズ → 4万3800人
8位:横浜DeNAベイスターズ → 開設直後

……といった感じである。ちなみにヤクルト・西武・中日・広島の4球団の公式インスタアカウントはなかった。Twitterに比べたらガクンとユーザー数は減るが、それにしても日本ハムが強いのが印象的だ。それでは、ラストのFacebookはどうだろう。

・Facebookのランキング
1位:阪神タイガース → 33万3800人
2位:読売ジャイアンツ → 29万1900人
3位:北海道日本ハムファイターズ → 27万3900人
4位:東北楽天ゴールデンイーグルス → 16万8400人
5位:横浜DeNAベイスターズ → 15万9100人
6位:福岡ソフトバンクホークス → 14万8000人
7位:中日ドラゴンズ → 13万5000人
8位:千葉ロッテマリーンズ → 8万4300人
9位:東京ヤクルトスワローズ → 7万6500人
10位:埼玉西武ライオンズ → 7万3900人
11位:オリックス・バファローズ → 5万5600人

またまた阪神! そしてここまで来たらすでにお分かりだろうが、広島のSNSは1つもない。なお、この度Twitterとインスタを始めた横浜DeNAベイスターズは「遅ればせながらキャンペーン」を15日の12時まで実施中だ。選手の直筆サイン入りTシャツが当たるようなので、気になる人はSNSからチェックしてみるべし!

執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.

インスタグラムをもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス