アノ人が出てるから! 女性が見たい“夏公開映画”7選

ananweb

2018/7/12 20:00

大半の女性の映画選びの基準は、やっぱり、「好きなスターが出てるから♪」。演技力に定評のあるダコタ・ファニングや、母になって演技に幅が出たブレイク・ライブリー、オスカーに近いと噂のエミリー・ブラントの作品はマスト! どんな役も自分のものにするユアン・マクレガーやシャイア・ラブーフ、永遠のアクション俳優シュワちゃんと、イケメン俳優ジョシュ・ハートネットの体当たり演技も見逃せない。
■ 『500ページの夢の束』

【無表情でも複雑な心情を体現するダコタが圧巻】自閉症のウェンディは、『スター・トレック』の大ファン。コンテストに応募するため脚本持参でハリウッドに行く決意をする!? 今なお天才子役時代の輝きと巧みな演技力でファンを圧倒しているダコタ・ファニングが、感情表現に難がある女性を繊細に演じて、魅せる。

監督/ベン・リューイン 出演/ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イブほか 9月7日より新宿ピカデリーほか全国公開。(C)2016 PSB Film LLC

■ 『かごの中の瞳』

【見えない真実に観客を導くブレイクの大熱演!】夫の支えで穏やかな生活を送っていた全盲のジーナは、角膜移植で片目の視力を取り戻す。さらに幸せになるはずが…。ファッショニスタとしても注目のブレイク・ライブリーが挑むのは、誰もが持つ秘密に迫る心理サスペンス。さまざまに変化するブレイクの表情に注目!

監督/マーク・フォスター 出演/ブレイク・ライブリー、ジェイソン・クラークほか 9月上旬、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。(C)2016 SC INTERNATIONAL PICTURES. LTD

■ 『キリング・ガンサー』

【シュワちゃんの怪演で、壮絶なのに笑える展開!】謎の暗殺者ガンサーを狙う殺し屋が結集。壮絶なバトルの行方は? 出演/アーノルド・シュワルツェネッガー 7月14日より新宿バルト9ほか全国公開。(C)2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED (C)2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

■ 『プーと大人になった僕』

【実写版プーの愛らしさにユアンもノックアウト!?】大人になったクリストファー・ロビンの前に再びプーが現れた理由は? 出演/ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 9月14日より全国公開。(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

■ 『クワイエット・プレイス』

【エミリー・ブラントの、夫婦共演も話題に!】音に反応する“何か”に怯える一家の恐怖が伝染!? 監督・脚本・出演/ジョン・クラシンスキー 9月28日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

■ 『ボルグ/マッケンロー氷の男と炎の男』

【勝負に隠れた葛藤を演技派シャイアが体現】‘80年代テニス界を席巻したボルグ&マッケンロー。二人の死闘の裏側に迫る! 出演/シャイア・ラブーフ 8月下旬、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。(C)AB Svensk Filmindustri 2017

■ 『マイナス21℃』

【極寒に体当たりで挑んだジョシュの熱演が光る】スノーボード中、道に迷ったエリックに、次々と危険が迫る! 出演/ジョシュ・ハートネット 7月21日より新宿シネマカリテほか全国順次公開。(C)2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

※『anan』2018年7月18日号より。文・山縣みどり

(by anan編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ