「安倍総理が視察に来るから避難所にエアコンがついた」災害に乗じたデマ拡散 世耕経産相が否定「無責任な情報を流さないで」

BIGLOBEニュース

2018/7/12 19:00


西日本を中心に襲った豪雨災害に乗じて不確かな情報がネット上に氾濫している。11日には、避難所に急に風呂やエアコンが設置されたのは安倍首相が視察に来るためという情報が拡散。この情報はデマだとして世耕経産相は「全く無関係」と否定した。

Twitterに投稿された内容は、「倉敷の友達が言ってた。急に避難所に自衛隊が来てお風呂が設置された。クーラーがついた。ここは比較的被害が少ない地域なのになぜ優先的に?警備体制がやたら凄くて、今日から学校も再開なのに何があるのかと思ったら安倍総理が来るんだって。あれアピールのために慌てて準備したんだよ。と。」というもの。この投稿には不確かな情報だと批判も寄せられたが、1万8000回以上リツイートされるなど拡散している。

世耕経産相は、この情報を引用し「安倍総理視察とエアコン設置は全く無関係。設置の指揮を取ってきた者として明確に申し上げます」と否定。「熱中症回避のため人の多い避難所優先でエアコンを配備しています。総理が視察した岡田小以外の倉敷真備地区・水島地区、広島県、愛媛県の避難所複数にもエアコンは設置され、被災者から喜ばれています」と説明した。また、「こんな時に無責任な情報を流さないでいただきたい」と求めた上で、「現場で懸命に突貫工事でエアコン設置をしてくれているメーカー、電気工事会社、電力会社社員など関係者に申し訳ない思いです」と心境を吐露した。

今回の情報をSNSに投稿した女性は、過去に安倍首相を弾頭に据えたミサイルのオブジェや憲法9条改正に反対するTシャツを着た姿などを投稿していた。

あなたにおすすめ