「ジャンプ展」第3弾、人気作品の原画展示が400点以上! 久保帯人氏の読切『BURN THE WITCH』原画&コラボカフェも

AbemaTIMES

2018/7/12 17:55


 「週刊少年ジャンプ展」の第3弾「 創刊50周年記念週刊少年ジャンプ展VOL.3-2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)- 」が今月17日から六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにて開催される。


 1968年に創刊された「週刊少年ジャンプ」は、今年で50周年を迎える。これを記念し、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーでは「週刊少年ジャンプ」の創刊から現在までの歴史を振り返る展覧会「週刊少年ジャンプ展」が全3期にわたり開催されている。

本展覧会では『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』など、世界中のマンガファンが憧れる作品の「ジャンプヒーロー」たちが集結。長く続く超ビッグタイトルから現在連載中の作品まで、飛躍する2000年代の「週刊少年ジャンプ」の魅力を存分に感じることができる貴重な機会になっている。

イベントでは各作品をイメージした空間で会期を通じて400点以上もの原画展示をはじめ、本展のために描きおろされた18作品のイラストの展示や、映像展示「DIVE TO JUMP」などを予定。

さらに、発売中の「週刊少年ジャンプ」の巻頭カラー原画や連載作品や読切作品が週替わり展示される「Weeklyコーナー」では、開幕初週7月17日~22日の期間、7月14日発売の本誌に掲載される久保帯人先生の読切マンガ『BURN THE WITCH』の原画が展示される。今回、AbemaTIMES編集部では一足先に『BURN THE WITCH』の原画展示含め、イベント会場の様子をレポートする。

▼「週刊少年ジャンプ展VOL.3-2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」会場の様子


(C)尾田栄一郎/集英社


(C)松井優征/集英社


(C)藤巻忠俊/集英社


(C)米スタジオ・ビレッジスタジオ/集英社


(C)許斐剛/集英社


(C)空知英秋/集英社

(▲予算不足で工事が間に合わなかったとのことだ。『銀魂』の一部の原画は会場内の他の展示エリアに“勝手に”置いてある)


(C)POT(冨樫義博)1998-2018年


(C)島袋光年/集英社


(C)古舘春一/集英社


(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社


(C)久保帯人/集英社


(C)天野明/集英社


(C)星野 桂/集英社


(C)岸本斉史 スコット/集英社

(C)岸本斉史・池本幹雄・小太刀右京/集英社


▲ 久保帯人先生の読切マンガ『BURN THE WITCH』の原画展示も!

(C)尾田栄一郎/集英社

(C)久保帯人/集英社


(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社


(▲ロゴの中にはサインがぎっしり)

また、コラボカフェでは展示作品をイメージした10種類のオリジナルメニューが登場している。

▼メニューの一例


▲おやすみリボーンのランチプレート 1580円

『家庭教師ヒットマン REBORN!』 (C)天野明/集英社


▲お妙さんのダークマター シーフードピラフ (パンデモニウム添え) 1480円

『銀魂』 (C)空知英秋/集英社

▲「ゴンのありったけを込こめたパフェ」1530円

『HUNTER×HUNTER』 (C)POT(冨樫義博)1998-2018年

▲氷雪系最強!「霜天に坐せ氷蓮龍」氷 1180円

『BLEACH』 (C)久保帯人/集英社

「 週刊少年ジャンプ展VOL.3-2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)- 」の会期は、今月17日から9月30日まで、六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにて開催中だ。ファンはお見逃しなく。

井上雄彦による人気漫画が原作の伝説的バスケット青春アニメ『スラムダンク』▶︎Abemaビデオはこちら

90年代を代表するバトルアニメ!『幽☆遊☆白書 』 ▶︎Abemaビデオはこちら

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス