ロック様、決死の大ジャンプ!『スカイスクレイパー』新予告公開

クランクイン!

2018/7/12 17:30

 『ワイルド・スピード』シリーズでおなじみのロック様ことドウェイン・ジョンソンが、高さ1000メートルの超高層ビルを舞台に決死の救出劇を見せる映画『スカイスクレイパー』の本予告が解禁となった。映像では、ビルをよじ登り、外壁にぶら下がり、大ジャンプを見せるジョンソンのスリル満点なアクションシーンが満載となっている。

【写真】『スカイスクレイパー』場面写真

本作の舞台は、香港に建つ超高層のハイテクビル「ザ・パール」。ウィル・ソーヤー(ジョンソン)と家族は、実験的にその1000メートル以上のビルで暮らし始める。ウィルは、元FBI人質救出チーム隊長で、当時の事件で片足が義足になってしまった過去があり、現在は高層ビルのセキュリティ監査を行っている経歴の持ち主。そんなある日、「ザ・パール」は何者かによって爆破され、炎上。ウィルは爆破テロリストの容疑者として警察に追われる身となるが、想像を超えた謎を持つビルの巨大な陰謀に巻き込まれながらも、決死の家族救出に向かっていく。

今回解禁となった予告編は、ウィルと妻の穏やかなやりとりからスタート。お互い信頼し、愛し合っているのが伝わってくる。ところが場面は一転、いざ「ザ・パール」の紹介になると、1000メートルの高さに連れて行かれる画面に、恐怖感も湧く。そして何者かに占拠され、炎上する「ザ・パール」に、素手でのぼっていく無謀なウィル。「下は見るなよ」と自分に言い聞かせるものの、つい「見ちゃった」と反省するウィルのコミカルなシーンもはさまれる。さらにビルを占領している犯人から、家族を盾にされ、怖がる息子に「それでいい。少し怖いほうが勇気が出る」といった名言を放つ場面も。最後は、「家族のために、パパ、飛びます!」の音声と共に、ビルに向かって空中ダイブをするウィルの姿で締めくくられ、この後のウィルはどうなったのか、ハラハラする仕上がりとなっている。

映画『スカイスクレイパー』は9月21日全国公開。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス