原宿にポリフェノール豊富な10種の料理がブッフェで楽しめるカフェが登場


ネスレ日本は8月1日~24日、ポリフェノール豊富なコーヒーと10種類のメニューが楽しめる「ネスカフェ ビューティワークカフェ」を、「ネスカフェ 原宿」内にオープンする。

同店では、美肌の専門家である神戸大学・市橋正光名誉教授監修のもと、美容ケアをテーマにした特別メニュー「ポリフェノールの虜ブッフェ」(税込1,800円)を提供する。

同メニューは、野菜や果物を中心に、活性酸素と戦うポリフェノールを含む食材を使用したブッフェ形式のメニュー。料理は、「ミニカプレーゼとアボカド」「冷製ガスパチョスープ」「彩り野菜のサラダ」「サラダパスタ」「プチトマトのオーブン焼きと野菜マリネ」「ローストビーフ ベリーソースがけ」「フルーツのゼリーがけ」「ネスカフェオリジナルコーヒーゼリー」「ミニアサイーボール」「カシスのムースとエスプーマ」の10種類となっている。

また、ドリンクは5種類のコーヒーをおかわり自由で楽しめる。コーヒーは、ポリフェノールを豊富に含む「ネスカフェ ゴールドブレンド オーガニック」「ネスカフェ ゴールドブレンドカフェインレス」など。

このほか、店内では無料Wi-Fiを利用できるほか、UVカットショールやUVカットスプレー、ブルーライトカットメガネ、マッサージ機器なども完備。働く女性が美容ケアをしながらリラックスできる場としても利用できるという。なお、営業時間は11時から21時まで(ラストオーダーは20時)となる。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス