マツコ、唐揚げにレモン論争をバッサリ「聞いてるだけで不愉快」

7月9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが「唐揚げにレモン論争」について、勝手にかけられて文句を言う側、それでも献身的にかけようとする側それぞれを一刀両断した。

マツコ「両方自己顕示欲の何ものでもない」


番組では「スダチ好きな人はビールにも絞る」という朝日新聞の記事を取り上げ、これにマツコは「お酒とかはいい」と認めながらも「私は料理にはあんまりかけて欲しくない派」と好みを明かした。

また、自分は唐揚げにレモンはいらないと話すと「ただ私は嫌いだからといって居酒屋で勝手にレモンをかけた女に説教するほど小さい男じゃないですよ。かかってりゃ我慢というか、別に文句言わずに食います」とキッパリ。

するとマツコは「話変わっちゃいますけど、本当に言いたいのは居酒屋でレモンかけることに対して、あーだこーだ言うヤツはもう、その場で皆さん帰らせましょう! 家に」と言い放ち「私、あれがもう聞いてるだけで不愉快なんですよ!」とバッサリ。

続けて「かける方も問題ですよ! 勝手にかけられた事に対して『おい! 誰もがレモンを好きだと思うな』っていうハゲちらかしたジジイもあれはあれで大問題ですけど、私はかいがいしくレモンをかけてますよ!ってやってるあのブスなOLたちも大問題」とし「あれは両方自己顕示欲の何ものでもないからね」と捲し立てた。

これを聞いた株式トレーダーの若林史江が「じゃあ、どうすればいいの?」と問いかけると、マツコは「全部かけたいヤツはかければいい」とし、唐揚げにレモンが添えてあるがゆえに揉めるのだと苦言。

結局マツコは「自分で搾ればいいのよ。取り分けた後にさ」と答えると、MCのふかわりょうが「その風潮があるからすごく恐る恐る(皆に了解を得ながら)かける方いますよね」と話を振る。

これにマツコは「じゃあ何でそいつは(わざわざ)かけるんだ!」と声を荒げ「本当にそうよ? あんなにビクビクしてかけるって結局、私は(全てに対し)気の利く女ですって見せたいわけでしょ?」とまたも激怒していた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ