【衝撃】唯一死刑を逃れたオウム真理教サリン実行犯・林郁夫の7つの真相 / 死刑にならなかった理由判明



2018年7月6日、ついにオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63歳)をはじめとする、7人のオウム真理教関係者の死刑が執行された。7人同時の死刑執行は極めて異例であり、大きな話題となったが、7人はいずれも凶悪な殺人事件に携わった人物。死刑判決が下っている以上、死刑が執行は免れない出来事といえる。

・唯一死刑を逃れたサリン実行犯・林郁夫
オウム真理教が起こした最も凶悪な事件といえば地下鉄サリン事件だが、実はその実行犯でありながら唯一死刑判決を逃れ、無期懲役となった人物がいる。元医師であり、オウム真理教のなかでも重要人物であった林郁夫(71歳)だ。

林郁夫はなぜ凶悪な事件の実行犯でありながら死刑判決を逃れることができたのだろうか。林郁夫の秘密とともに、衝撃の理由を今ここに解き明かす。

asahara1

・死刑を逃れた理由など衝撃の真相7つ
1. 死刑を逃れたのは捜査に協力的だったから
林郁夫が最初に逮捕をされたのは逮捕監禁罪であり、サリン事件の実行犯として逮捕されたわけではない。取調べ中に突然林が「私がサリンを撒きました」と供述し、地下鉄サリン事件の全容を明かした。

警察は林が地下鉄サリン事件に関与していたとは全くの予想外であり、それほどまでに謎に包まれた完璧な犯罪であったため、林の供述がなければ全容が明らかにするのは相当な困難だったはずである。

林郁夫は他のオウム関連事件の捜査にも全面的に協力し、そういった姿勢が自首に相当すると判断され、死刑を逃れることができたのである。

2. 遺族や被害者も死刑を求めていない
林郁夫は公判中に何度も号泣し、本来人を助ける医者でありながら殺人事件に関与したことを深く悔いていた。そうした姿勢は一部の遺族や被害者側にも響き「改悛の情がある」として必ずしも死刑を求めなかったのである。

そのため、検察側も死刑ではなく無期懲役を求刑した。大量殺人事件の実行犯に検察側が死刑を求刑しないのは極めて異例である。

3. 手記の印税はすべて被害者の救済金に充てている
林郁夫は文藝春秋に手記を発表したことがあるが、その印税や原稿料などはすべて被害者への救済金に充てられている。手記では麻原の学齢コンプレックスや、林郁夫に犯罪に関わる任務を与えた理由などが書かれていた。

4. 裁判官は無期懲役判決を後悔している
林郁夫に無期懲役判決を言い渡した元裁判官の山室惠氏は、本当に無期懲役でよかったのかと今でも考えることがあると心情を吐露している。山室氏は裁判の前から「間違いなく死刑になるだろう」と思っていたそうだが、検察が死刑を求刑しなかったことにより、それをひっくり返しての死刑判決はなかなか難しく、無期懲役判決となったそうである。

5. オウムに入信したきっかけは交通事故
林郁夫はオウム真理教入信前に有能な医師として病院に勤めていたが、自らが加害者となった自動車での交通事故によって自責の念にかられ、オウム真理教に入信している。

6. オウム独自の治療を国立病院で取り入れていた
林郁夫はオウム入信後も国立療養所晴嵐荘病院でしばらく勤めていたが、治療にオウム真理教独自の治療法を取り入れ、患者に無理やり塩水や糸を飲ませたり、ジャンプをさせたりしてトラブルを起こしていた。

7. 出家時に全財産8000万円を布施として寄付
林郁夫は病院を退職後一家4人で出家し、所有していたマンションを8000万円で売却。保有していた自動車2台と一緒に布施としてすべてオウム真理教に寄付している。林郁夫がいかに熱心に傾倒していたのかがわかるエピソードだ。

・凶悪事件の犯人であることに変わりはない
林郁夫は死刑判決を逃れることができたが、林郁夫が犯した罪はどんなに捜査に協力し、深く反省しても許されるものではない。このような事件が二度と起こらないことを願いたい。






もっと詳しく読む: 【衝撃】唯一死刑を逃れたオウム真理教サリン実行犯・林郁夫の7つの秘密 / 死刑にならなかった理由判明(バズプラス Buzz Plus)

http://buzz-plus.com/article/2018/07/11/asahara-hayashiikuo-news/



あなたにおすすめ