いい話を本番で「できなかった」出川哲朗 ファンへの対応は「さんまさんの影響」

しらべぇ

2018/7/10 06:00


しらべぇでも既に報じたように、14日夜6時30分より『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京ほか)が2時間半スペシャルとして放送される。

その放送に先がけテレビ東京で記者会見が行なわれ、出川哲朗が登壇した。

■さんま34年ぶり出演報告会見


(©ニュースサイトしらべぇ)

会見冒頭に番組を担当するテレビ東京・平山大吾プロデューサーが挨拶し、「テレビ東京に、明石家さんまさんが出なくなって34年。34年ぶりに出るということなんで、ぜひみなさんにお伝えしたいと思い」と、会見の趣旨を説明。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さんまと会ったことのないテレ東スタッフたちが緊張しまくる中、快く対応し、細やかな気遣いを見せる姿に、「嬉しかった」と語る平山プロデューサー。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そして出川も

「本当にもう夢のようですね。自分の冠番組がゴールデンでできただけでも夢のようなんですけど、しかもその番組にさんまさんが、ゲストで来てくれるなんて」

と、感激を噛みしめていた。

■マネージャーに怒られた


(©ニュースサイトしらべぇ)

その後も、いくつかオファー確認のチャンスがあったり、出川の携帯が壊れていて、さんまからのショートメールを受け取れていなかったり…という“事件”もあるのだが、今回のさんま出演のきっかけは、既報の通り『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP』(TBS系)でのやり取り。

「その場で『さんまさん、本当にお願いします!』と言って、ステージで握手しちゃったら、さんまさんの性格上“ひょっとしたら、本当に来てくれるんじゃないかな”って、すごい思って」

と言いつつ、プッシュしきれなかった出川。その帰りマネージャーから、「なんであの場で、すぐ握手をしなかったんですか? 『約束ですよ』って言わなかったんですか!?」と怒られたそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

その後、じつはさんまが番組直後に「わかったで、おまえの番組のスタッフに言っとけや」と、ショートメールをくれていたことが1か月後に発覚。晴れて、今回の出演が確定したのだった。

■ドッキリにリアクションできず?


(©ニュースサイトしらべぇ)

その後、テレ東スタッフとさんまは打ち合わせを重ね、山形でのロケ決定のほか出川にサプライズを仕掛けると決定。山形へはずっとみやぞん(ANZEN漫才)が来ると伝え、ドッキリの仕込みをしていた。

何も知らない出川は、まさに山形ロケ当日の出発前にスタッフと食事をしながら、平山プロデューサーに「さんまさんと結局どうなっているんですか?」と質問し、「いやぁ。ちょっとやっぱりムリかもしれない」と告げられたという。

「テレ東的にもやっぱ、さんまさんに実際リアルに来てもらうと、どうしていいかわかんないし、リアルにバイクも全然乗ってないらしいので、ちょっとさんまさん的に『やっぱバイクは…』って感じになって」と、もっともらしいことを言われ、「えー。あんなに言ってくれたのに…」と残念がっていた。

それだけに、完全に騙され「びっくりも、ひとしおでしたね」と当時を振り返る出川だが、実際にさんまを目の前にした際、あまりの驚きで…

「逆にリアル(に驚き)すぎて、あんまりリアクションしてないかもしれない。でも本当のリアクションは、そういうもんかと思います。思いのほか『あー!』とか、やってないかと」

と、リアルガチのリアクション芸人の痛恨事をしみじみコメントした。

■カッコイイ先輩・さんま


(©ニュースサイトしらべぇ)

ロケの様子について、さんまのサービス精神の高さを熱く語る出川だが、この番組をはじめ出川自身がファンへの対応を丁寧に行なう原点は、さんまの行動を間近で見ていたことにあると話す。

「僕、この番組で道行く人たちになるべくちゃんと写真撮ったり、握手したり、時間がある限りそうしたいんですけど、そもそもなんでそういうのをやるようになったかは、さんまさんの影響がすごいデカい。

さんまさんはロケとかしてても普通に、『さんまさん!』と来ると自分から『なんや? 写真か? 来い来い』って呼んで写真撮ったり、『なんやなんや。握手か、はいはい。来い来い』って言ったり、それを僕もすごい若手の頃に見て“カッコイイな”って」

今回も一緒にロケをして、改めて「カッコイイ!」と感動したのだが、このすごくいい話をなんと! 番組本番で「できなかったんですよねぇ」と残念がっているのが、リアルガチで出川らしい。

■一緒に歌えて感激


(©ニュースサイトしらべぇ)

そして「今回のすごい思い出」と語ったのは、さんまに好きな歌手を聞かれ「永ちゃんとサザンオールスターズです」と答えたら、さんまが『ファンキー・モンキー・ベイビー』を歌ってくれたこと。

「僕はこの世界を目指す時に、矢沢永吉の『成りあがり』を読んで、やっぱ自分の好きなことでビッグにならなきゃダメだ! って思ってこの世界に入ったんで、その好きな矢沢のキャロル(の曲)を僕の番組でさんまさんと走りながら歌ってるっていう…。

バックミラーを見たら『ファンキー・モンキー・ベイビー』を楽しそうに歌ってるさんまさんを見て、僕は楽しそうに歌ってたけど、本当は泣きそうにちょっとなりましたね。ただ歌ってるんじゃなくて、いろんな思いが巡ってきて…感慨深いものがありました。たぶん、いいシーンになっていると思います」

■さんまと出川の恩返しがカッコイイ


(©ニュースサイトしらべぇ)

最後に、さんまと熱湯の温泉にも入ったそうだが、普段はスタジオでの共演が多い出川には初めてのやり取りが…。

「さんまさんから熱湯をかけていただいて『あち、あち、あち!』とか初めてだったんで、それはすごい嬉しかったですね。さんまさんが先に出ちゃって、僕が『あー。もっと、おかわりください!』とか言って」

しかし、“こんなにネタばらしして、いいのか?”と思っていたら、この話をしたかった理由があったのだ。ロケが終わってお礼のメールをしたら、こう返信があったそう。

「いつもいつも私の番組でがんばってくれているので、ちょっとでもお返ししただけ。温泉の熱い湯の時の『もっとちょうだい』好きです。おつかれさまでした」

その文面を確認しながら読み上げ、「恩返しと思ってくれたなんて」と、改めて「もうカッコイイ!」とさんまに痺れている出川は、ものすごく幸せそうだった。

34年ぶりにテレ東にさんまが出演することになったのは、「僕のおかげですね(笑)」と報道陣を笑わせつつ、

「僕をこの番組に呼んでくれた(テレ東への)恩返しが、少しはできたかな…というのもありますね」

とまじめに話す。

(©ニュースサイトしらべぇ)

最後に集まった多くの報道陣、一人ひとりに「ありがとうございました」と番組シールを手渡す姿に、この番組の出発式のことを思い出した。カッコイイ先輩の背中を追い続け、その姿に学んだ出川も同じようにカッコイイ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

14日夜6時30分からの『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』で、そんなカッコイイ二人の旅をしっかりと楽しみたい。

・合わせて読みたい→出川哲朗の冠番組で実現! テレ東に明石家さんまが「34年ぶり」出演の快挙

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス