老後までに2,500万必要!? 我慢せず長続きする「2割貯金」のすすめ

ananweb

2018/7/8 20:15

将来のことを考えて貯金をしておきたいけど、毎月の支出を考えるとなかなか貯金できない……なんてことはないでしょうか? そこで今回は、知らない間に貯蓄できちゃう“2割貯金術”をご紹介いたします。
文・山田良政

■ ■老後までに2,500万円、用意できる?

老後の住居費や生活費などを考えると年金だけでは足りず、実はそれ以外に2,500万円程度必要と言われています。そのため、若いころからの貯蓄は今や必須なのです。

しかし、生活を圧迫するような貯蓄では今の生活を楽しめないですし、なにより長続きせず意味がありません。そこでオススメしたいのが、“2割貯金術”です!

■ ■収入の2割を貯蓄する方法って?

一般的な会社員の収入は、約2割が税金と保険料に消えていきます。そして残りの8割を無計画に使っていると、お金はほとんど残らないでしょう。とはいえ生活レベルを大幅に落とすほど貯金額を増やすのは苦しいですよね。

そこで、私がオススメするのは収入の“2割”を貯金する方法です。外食の回数を多少減らしたり、好きなことを1~2回ガマンするだけで収入の2割は意外とすぐに貯まります。それほど生活レベルを落とさなくても楽に貯金ができるでしょう。

私が知っている女性の中に、この“2割貯金術”を5年間続けた人がいます。彼女は手取りで年収が300万円でした。そんな彼女の年収の2割にあたる60万円の貯金を5年続けた結果、彼女の口座には300万円、年収と同額のお金が貯まったのです。

自分の年収額を貯められたことに彼女は自信をつけて、次は600万円を目指して頑張っています。

■ ■2割貯金はお金と正しく付き合うトレーニング

この2割貯金術のメリットは、お金の無駄遣いを矯正し、正しい使い方へとシフトしていけることです。これを自分の生活のクセにできれば、お金に対しての感性が養われ、自然とお金が貯まりやすい体質になるのです。

例えば、100万円を貯めたことのない人が、いきなり100万円貯めるのは難しいでしょう。しかし、一度少し時間をかけても貯めることに成功すれば、次回以降は前に行ったことを再現するだけなので、貯金のハードルがグッと下がります。「お金はこうすれば自分のところにやってくる」という感覚が身につくのです。

以上、“2割貯金術”のやり方とそのメリットをご紹介しました。

もしも十分な貯蓄が無いと、将来、子どもの養育費や老後の生活費の支払いで苦しい思いをする可能性が高いでしょう。ただ、あまり窮屈に貯金をする必要もありません。手取りの収入から2割貯金することが習慣化されれば、残りのお金は自分磨きに使っても大丈夫。自分の生活を締め上げず、将来の出費に備えられる“2割貯金術”は、バランスに優れた貯蓄法なのです。

(C) TunedIn by Westend61 /shutterstock(C) aslysun /shutterstock(C) Jason Stitt /shutterstock

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ