【放送事故】くまもんが生放送中にアナウンサーに熱湯かける / 熱すぎて地面で苦しむようすを放送



熊本県の人気キャラクター「くまもん」が、生放送中に男性アナウンサーに対して熱湯をかけ、あまりにも熱いため男性アナウンサーが転げまわる放送事故が発生し、物議をかもしていたが、そのときのようすが動画で公開され、改めて炎上している。

・名物の「とんこつそば」を紹介
物議をかもしているのは、道の駅として知られている「あそ望の郷くぎの」を紹介する生放送のコーナー。この日、男性アナウンサーとくまもんが名物の「とんこつそば」を紹介することになり、できたて熱々の丼をカウンターで受け取った男性アナウンサーが、野外のテーブルまで運んだ。

・男性アナウンサーが座り損ねて転倒
男性アナウンサーが丼をテーブルに置いて座ろうとした瞬間、くまもんが椅子を引いてしまったため、男性アナウンサーが座り損ねて転倒。同時に、丼をぶちまけてしまい、男性アナウンサーに熱湯ともいえるとんこつそばのスープがかかったのである。

・生放送だたのでノーカット放送
男性アナウンサーは転倒のショックと、熱湯を浴びたダメージにより激しい痛みに襲われ、地面で転げまわる事態に。このようすはテレビカメラによって撮影され、しかも生放送ということでノーカットで報じられた。

・苦痛に耐えながらリポート
激しく熱かったため、男性アナウンサーはなかなか立ち上がることができない。ようやく立ち上がったが、熱湯によって火傷をしたのか、苦痛に耐えながらリポートを続けた。

・熱い料理は火傷のリスクが伴う
このようすは道の駅のスタッフにも撮影されており、別アングルで熱湯をかぶった男性アナウンサーの姿がインターネット上で公開されている。いくら美味しい料理でも、熱い料理は火傷のリスクが伴う。注意して扱いたいものである。





もっと詳しく読む: くまもんが生放送中にアナウンサーに熱湯かける / 熱すぎて地面で苦しむようすを放送(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/07/06/kumamon-ramen-news/



あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス