早見あかり、貯金が趣味と告白!お金が増えるの「嬉しくて」

投資や金儲けにスポットを当てた三田紀房の同名コミックを実写化したドラマ25『インベスターZ』(テレビ東京系、毎週金曜24:57~、7月20日からは毎週金曜24:52~)が7月13日からスタート。この記者会見が東京・中央区の東京証券取引所で行われ、主演の清水尋也をはじめ、早見あかり、柾木玲弥、柳美稀、岩井拳士朗、工藤綾乃が登壇した。

全国屈指の進学校・道塾学園を舞台に、主人公・財前孝史(清水)が、“学年トップの生徒は投資部に入部させられる”という学園のしきたりの元、強引に投資部に入部させられるも、次第に投資の魅力にハマっていく姿を描く本作。この日は東京証券取引所の協力の元、「東証 Arrows」内を道塾学園・投資部メンバー6人が見学。その後、記者会見が行われたが、会場には原作者の三田も姿を見せた。

出演者は、会見場で上場の際に使われる取引所の鐘を叩くパフォーマンスを披露したが、清水は鐘を叩いて「一言で言えば気分上々」と「上場」と「上々」をかけたコメントを決めてニヤリ。専門用語が多数セリフに盛り込まれているとあって、「(使い慣れない言葉に)苦労もあったんですけど、また一つ役者として人間としての知識の幅も広がりました」と肯定的に捉えている様子。

早見も、「とにかくセリフが難しくて、台本を読んでも意味も読み方もわからない。こんなにも勉強をしたのは久しぶり」と照れ笑い。「言い慣れていない言葉ばかりなので口に出すときにどうしても違和感が出る。息継ぎの場所もわからなくて、久しぶりに台本に息継ぎの部分を書き込みました」と明かし、「でも、投資部のメンバーは上昇志向の人間ばかり。周囲を見ながらわたしも頑張らないといけないなと思いました」と語った。

さらに早見は、お金に関してそもそも「貯金が趣味」だとも告白。「通帳にお金が増えていくのが嬉しくて見ていると頑張りがいがあるんです。それが自分にとっての指標にもなりますし」としみじみ。「でも、この作品を通じて銀行にお金を入れ続けるだけの生活はいかがなものかということも学びました。当たり前の知識がもしかしたら違うという、当然に思っていたことを覆される面白さがありました」と述べ、「(投資などの)知識を自分でもっと身に着けていけば、(暮らしも)もっと良くなるんじゃないかって思いました」と感想を述べていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ