惣田紗莉渚「アウトだけどめっちゃ最高」とは!?【SKE48・チームKII「最終ベルが鳴る」公演囲み取材会 全文リポート】

6月30日にスタートしたSKE48・チームKIIの7th公演「最終ベルが鳴る」。初日のステージの前にはゲネプロと囲み取材会が行われ、囲み取材会には高柳明音、大場美奈、古畑奈和、惣田紗莉渚、小畑優奈が参加した。その囲み取材会の模様を紹介する。

――「最終ベルが鳴る」公演は他の姉妹グループでも行われてきた公演ですが、チームKIIならではのポイントや見どころを教えてください。

大場:楽曲がものすごくダンサブルと言いますか、力強い楽曲が多くて、前回の公演が「0start(リスタート)」公演という「RESET」公演をベースにした公演だったんですけど、その公演が明るくハキハキと笑顔で踊る、「明るい私たちを見て!」って感じだったんです。

そのチームの見せ方からさらにパワーアップしたいという意味も込めて、今回は「最終ベルが鳴る」は最初の「マンモス」からみんなでガッツリ(振りを)そろえて踊って、ライブで盛り上がる曲というわけではないと思うんですけど、格好良い、今までよりもう一段階上のチームKIIを見せられたらいいなとは思っています。

――セットリストが「最終ベルが鳴る」公演に決まったいきさつは?

大場:スタッフさんにお任せしていまして。今のチームKIIも「良いチームだね」って言われることは多かったんですけど、それで満足してはいけないなと思って、現状よりもっと私たちが成長するためにって考えました。

そのときに「0start」公演よりも難易度が高いということじゃないですけど、大人向けの曲も多かったり、ユニット曲のジャンルが本当にバラバラだったりということを踏まえて、自分たちのパフォーマンス力をもっと上げる、表現力を上げるという意味で、スタッフさんが「これはどうですか?」みたいな感じでこの公演を考えてくれました。

惣田:それこそオリジナルのチームKの公演って、大島優子さんとか宮澤佐江さんとか秋元才加さんとか、すごい人ばっかりで濃い公演だったと思うんです。ユニットも私は秋元さんのポジションをやらせてもらっていて、(秋元と)全然違うので大丈夫かなって思っていたんですけど、チームKIIらしいオリジナルにとらわれない公演にできたらいいなって思います。

――高柳さんの涙の意味は?(※編集部注…ゲネプロで最後の曲「支え」歌唱中に涙を流した)

高柳:内緒です(笑)。単純にいい曲だな、いろんなことがあったなって思って。この公演の準備が大変だったとかじゃなくて、この10年間が大変だったなって思いました。

――古畑さんはAKB48のチームKを兼任していた時期がありましたが、そのときのセットリストは?

古畑:これです。

――今回の公演は古畑さんの「おしべとめしべと夜の蝶々」が1つのキーかなと思っているんですが、古畑さんのセクシーなパフォーマンスはメンバーの皆さんから見てセーフなんでしょうか? アウトなんでしょうか?

惣田:アウト!

古畑:何で何で!?

惣田:アウトだけどめっちゃ最高だなって思います(笑)。

大場:アウトなのがうちはOKなので。アウトくらいがいい。

――セーフだったら面白くないですもんね。

大場:そうですよ! 「これでOKかな?」っていうよりはみんなで「奈和ちゃん大丈夫!?」っていうちょっとしたヒヤヒヤ感があるのがいいんです。

古畑:やり切らないとね。

大場:そう。自信満々です(笑)。

古畑:(笑)。

――この公演を通してチームKIIの何を変えていきたいか、どう変わっていきたいかを教えてください。

大場:基本的にはもっと自分たちが1人のアイドルとして、SKE48の一員として、パフォーマンス力を劇場公演で上げていきたいなというのもあります。やっぱりSKE48の公演ってすごくハードルが高いといいますか、名古屋で公演をやっているので全国の方が集まりにくいと思うんですよ。気軽に来れるわけではないと思っていて。

だから、本当にこうやって公演が終わった後に皆さんに取材をしていただいて、「SKE48の公演って今こんな感じだよ」っていうのをとにかく広めていけたらいいなと。最近、AKB48の公演がネットニュースになっているのを見て、「劇場の中でこんな感じでやってるんだ」「こんな衣装を着てるんだ」っていうのが、私たちの間でも話題になったんですよ。

SKE48って最近はこういう劇場公演を取材していただく機会があまりないので、この機会に“SKE48の劇場はこんな見え方で、こんな衣装を着て公演をやってます”っていうのをネットニュースとして載せてもらえるだけでも、ネットを見てる方は知ることができて。

もしかしたら東京や北海道、沖縄の方に来たいなと思ってもらえるきっかけになると思うので、そういう意味でもどんどんSNSや皆さんの力をお借りして、まだこの劇場に立ち入ったことのない人にも公演の魅力が伝わるようになればいいなと思っています。

――小畑さんがまだ喋ってないので、カワイイ一言を(笑)。

小畑:カワイイ一言?(笑)。この公演に対してですよね。私はまとめる立場を初めてやらせていただいたんですけれど、そういう立ち位置に向いていない人間だったので、そういう立ち位置を任されたことには意味があると思いますし、それをできるような人になっていきたいなって思います。

――(「20人姉妹の歌」の終わりに)松村さんが貯金額を発表してましたけど、他に公表できる人はいますか?(笑)。

大場:かおたん(松村)の(インパクトが)潰れない? 全然言えるけど…4(桁)じゃない、3。

古畑:3桁!?

惣田:3桁って“3桁万円”ってことですよね。

大場:○桁万円として、多分香織は“4”ってやってて。

惣田:本当に?

大場:だってニュースにしてもらいたくてやったもん。

惣田:1000万円!?

大場:4桁だよって“桁”を表してたから。

惣田:1回もおごってもらったことない!

大場:(見出しに)お願いします。あの子の唯一出してない情報です(笑)。

惣田:アイドルだけで貯めたんですかね?

――(笑)。その「20人姉妹の歌」ですが、歌詞はどうやって決めたんですか?

大場:基本的には歌う3人(大場、松村、青木詩織)で考えつつ、本人にもヒアリングして、「何となくこんな感じでいこうと思うんだけど」って聞きながら調整しました。

――その中でも自信作は?

大場:矢作有紀奈ちゃんの「歯科ドル目指し中 公演レアキャラ きょういるかな?」っていう歌詞ですね。ここ最近ずっと公演出てないんですよ、勉強が忙しくて。きょうはいないので曲中に「いない」って言ったんですけど、いるときは「いる」って言うので、いるときが楽しみだなって思ってます。

――少し前に世界選抜総選挙があって、チーム単位ではチームKIIがランクインしたメンバー数が一番多かったんですが、少したって、総選挙を振り返ってみていかがですか?

惣田:私は2年連続で選抜に入れていただいて、しかも今年は速報圏外から選抜に入れたので本当にホッとしているというか、本当にうれしかったですね。ランクダウンはしちゃったんですけど、ちょっと落ちてしまったぶんはこれから先また成長できるという期待何じゃないかなって思って、これからもっと頑張ろうって思いました。

SKE48がワンツーでフィニッシュしたとき、私は本当にうれしかったんですけど、自分はただ見て「すごいな」って思うしかできなかったのがちょっと悔しくて。見てるだけで終わるのは悔しいので、もっと向上心を持って頑張りたいなって思いました。

小畑:私は72位から34位にすごいランクアップをさせていただいて、本当にうれしかったです。私は言葉を伝えるのがへたで、文章力とかも本当にないんですけど、今回は自分の気持ちを素直に書いてみようと思って、メールやブログを書いていくうちに、ファンの皆さんがすごく熱くなってくれて、一緒に総選挙に向かって、夢に向かって戦うのがすごく楽しかったです。

その後にあった握手会も、皆さんが一緒に喜んでくださったり悔しがってくださったり、一緒に同じ気持ちを分かち合えたのがうれしかったので、ファンの皆さんとの絆が深まった総選挙だったなって思います。

大場:1年掛けて準備をして、9回目の総選挙で初めて選抜入り、8位をいただいて本当に世界が変わりました。もう毎日歩いているだけで幸せなくらい、本当に幸せで。

総選挙って悩んだり、本当に逃げたくなったりするくらい苦しいものではあるんですけど、終わって得られるものって1人1人違って、悔しいって気持ちがある子は「来年頑張ろう」ってなるし、予想以上の順位をいただけたら、本当に世界が変わって「やってよかった」「参加してよかった」って思えます。

このイベントに参加できることがAKB48グループにいてよかったなって思うことの1つでもあるので、自分自身もこの8位になったこの1年が勝負だと思っているので、ここから1日1日を無駄にしないように、8位として自信満々にいろんなことに挑戦していきたいです。

何より、チームKIIの後輩も諦めないで上を目指して、行きたいところまで行き切ってほしいです。本当にファンの方と頑張ってきただけで8位になれたので、誰にでも可能性があるので頑張ってほしいなと思います。

古畑:私も今年の選抜に入らせていただいたんですけど、もう今年は無理かなって思っていたので、選抜で呼ばれたときは本当に素直にうれしかったです。去年が14位で今年が15位なので、1つ落ちてしまってはいるんですけど、そのことも全然気にならないくらいとっても幸せな気持ちで、すごく満足しています。

スピーチで、自分が素直になれたきっかけとして、1つの例としてお酒のことをお話しさせていただいたんですけど、予想以上にそっちの方が広まってしまって(笑)。でも、そのおかげでお仕事に呼んでいただいたりとか、イベントが開催できたりとか、あのスピーチがあったおかげで自分にしかできない何かを得られました。

今まで自分主体でイベントができるとか、お仕事をいただけるってことが、サックス以外であまりなかったのですごくありがたいし、これからもっと自分でも広げていければいいなって思ってます。

高柳:チームKIIが最多議席をいただいてはいるんですけど、入った子以外も本当にみんな頑張っていて。「チームKIIが最多議席」って言うと、入れなかった子がきっと「自分はその1人になれなかった」って悔しい思いをしていると思うから、この劇場公演を見に来てくれた方が「順位なんて関係ないな」って思ってくれるとうれしいなと思います。

本当にそれぞれのやり方があるから、総選挙でなかなか結果が出ない子も私は輝いていると思うし、未来に期待したいので、ここでみんなが次の目標を見つけて頑張ってくれるといいなって思いますね。

――秋のSKE48の10周年に向けて、総選挙で勢いづいたと思いますか?

高柳:「ナゴヤドームに戻ってきたいです」って言えたからよかったです。言いたかったというか、私があとやり残しているのはもう1回ナゴヤドームに立つことだと思っているので、それはかなえたいなと思っていて。もう1回みんなで、SKE48だけで、ナゴヤドームにもう1回立ちたいって思って総選挙は参加しました。

――小畑さんは「マンモス」を最前列で踊っていて、後ろの先輩の圧を感じたりはしましたか?

小畑:パフォーマンス的なパワーはすごく感じているので、私も負けないぞって思います。プレッシャー的な圧は特にないです。

――高柳さんから見て、小畑さんのセンターぶりはどうでしたか?

高柳:私、後ろ過ぎて見えないんですよ。10年でもまだまだ一番後ろで「後ろでも頑張ろう」って思っているので。そういう気持ちで頑張っています。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/152749/

あなたにおすすめ