袴田元死刑囚の再審決定を取り消した検察と東京高裁は憲法違反…再勾留しないのは矛盾


「これ以上拘束を続けることは耐えがたいほど正義に反する」

静岡地裁で村山浩昭裁判長がそう語り、袴田巌元死刑囚の再審開始を認める決定をし、刑の執行停止と釈放を認めたのが2014年3月27日。48年ぶりに出獄した袴田さんの姿を見て、司法の良心を感じた国民も多かっただろう。

それが暗転したのが、今月11日。検察側は再審に反対する即時抗告をしていたが、東京高裁はそれに沿って、静岡地裁の決定を取り消し、再審開始を認めない決定をしたのだ。一方で、袴田さんの健康状態などを考慮し、死刑と拘置の執行停止については維持した。

21日、『くり返すな冤罪!市民集会2』が東京・文京区民センターで開かれた。「再審開始に対する検察官の上訴は許されるのか」。このテーマで講演したのは元裁判官の井戸謙一弁護士である。井戸氏が弁護人を務める湖東記念病院人工呼吸器事件においても、昨年12月20日に大阪高裁が再審開始を認める決定をしたが同26日、大阪高検がこれに反対して特別抗告している。

井戸氏は同事件で殺人罪で服役させられた西山美香さんが無罪であることを詳細に説明し、再審が決定された事案に対して検事が不服申し立てをするのは、憲法違反であると主張した。憲法39条には「何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない」とある。

その精神は「1.無辜を罰しないこと、2.被告人を長期間不安定な地位に置かないことの価値を、3.有罪犯人を取り逃がさないことの価値より上に置く」ということであり、再審においてもその精神を貫徹すべきだ、と井戸氏は語った。西山美香さんも登壇し、虚偽の自白をさせられた時の心境について語った。

●再審請求却下への疑問

袴田さんが被告となったのは、1966年6月30日、味噌製造会社の専務自宅が放火されて、一家4人の他殺死体が発見された事件。従業員であった袴田さんが強盗殺人、放火、窃盗容疑で逮捕され、1980年に最高裁で死刑が確定した。

弁護団が再審請求を開始したのは、1981年。争点は多岐に渡ったが、事件から1年2カ月後に味噌醸造タンク内で発見された5点の衣類が、袴田さんのものであるのかどうかに焦点が当たった。

袴田事件の弁護団長、西嶋勝彦弁護士は、東京高裁の再審請求却下について語った。

「第1次再審では、最高裁が5点の衣類の引き出された状況を見て、これは一見して明らかに長期間味噌樽に漬け込まれたことは明らかであると、なんの実験もせずに、独断と偏見に基づいて弁護側の批判を退けた。それならばということで第2次再審の冒頭で、我々は実験をした。ところが予測通り、発見直前に漬け込まれたとしか見えない、味噌の色に染まらない鮮やかな赤色に近いような着衣が実現したわけです。それについて検察は、証明する当時のカラー写真が劣化してるとか、あるいは実験に使われた味噌が当時の40年以上前の味噌と同一性がないとか、そんなことを言ってきたんです」

第2次再審では、本田克也・筑波大教授が5点の衣類に付着した血痕について、「袴田さんのものでも、被害者のものでもない」と結論づけたDNA型鑑定も新証拠として出された。静岡地裁はその信用性を認め、「衣類の変色の仕方が不自然で、警察が捏造した疑いがある」と指摘していた。

「再審開始決定後、検察官がなんとしてもこの衣類の色問題に一撃を加えるために、40年前に味噌工場に勤めていた従業員から『当時の味噌の色はもっと薄かった』という発言を引き出して、発見の直前に埋めたんじゃない、1年2カ月埋まっていたとしても不思議ではない、というようなことを言ってきた。古い味噌の中に浸かっていたとしても、次から次に新しい味噌が仕込まれて新しい味噌の色が薄ければ、衣類の色も薄いというような、想像の域を脱しないような意見に飛びついて、衣類の色問題に対する私どもの実験の結果を否定したんです」(西嶋弁護士)

東京高裁の大島隆明裁判長は、本田鑑定について、「確立した科学的手法とはいえず、鑑定の結論の信用性は乏しいと言わざるを得ない」と退けた。

「実験で袴田さんと違うDNAが出てきたという客観的事実を、結局、実験に基づかない理屈ばっかりこねるような学者を使って否定しているんです。そして今不幸なことに、日本のDNAを初めとする科学鑑定の全部を握っている科学警察研究所が、大学の法医学教室を自分たちの支配下に置いている。それに抗している筑波大の本田教授には仕事を回さない、法医学界で孤立させる、そういう悪辣な手を使って、それを裁判所のなかにまで持ち込む。こういう状態にまんまと裁判所は乗っかってきたんです。

新証拠というものを個別に評価して、そのひとつだけで有罪を覆せるかどうか判断するという過去の手法は間違っている。古い証拠のなかに新しく出された証拠を投げ込んで総合評価すれば、脆弱な証拠構造のなかから不合理な点が出てきて、有罪判決が維持できないということになれば、そこに供された新証拠は再審の要件である明白性のある証拠だということになるはずです」(西嶋弁護士)

●過去の判決の誤りを認めたくない裁判所

袴田さんを支えてきた、姉の秀子さんは語った。

「冤罪事件というのがわかっていて、今度の高裁の判決でございます。私たちはいつまでも高裁でもたついていられても困ります。最高裁に運んでくれるということは、進んでくれるということ、前に進むということです。生きて行かねばなりません。弟を長生きさせて、私も百までも生きてがんばっていきたいと思っております。皆様にはたいへんお世話になっております。最高裁の決定の時には本当に皆、敵に見えました。今はそれはありません。これも皆さんのご声援のおかげだと思っております」

袴田さんが殺人犯だと東京高裁が考えているのなら、再審開始取り消しと同時に再勾留するのが論理的には一貫している。それをしなかったのは、無実だとはわかっているが過去の自分たちの判決の誤りを認めたくない、そのために本人の死を待っているのではないか、という見方をする人々も多い。それに抗するには、長く健康でいる必要があるという意味のこもった「長生き宣言」に、会場には温かな拍手が響いた。

●いつ、誰の身にも降りかかる冤罪

1979年に起きた大崎事件で、殺人罪で懲役10年の判決を下された原口アヤ子さんは、一貫して無実を訴えている。今年の3月に福岡高裁宮崎支部が再審開始を認めたが、福岡高検が決定を不服として最高裁に特別抗告している。同事件の弁護人の鴨志田祐美弁護士は語った。

「同じような冤罪でありながら、勇気も覚悟もある裁判官に当たったら再審の門が開く、そうじゃない自己保身に凝り固まった裁判官に当たったら再審の門は閉ざされる。これはなんなんだろう。裁判官一人ひとりの違いによって結論が違ってしまうということは、やっぱりこれは制度のほうに問題があると言わざるを得ない」

飯塚事件など九州の7つの事件で裁判のやり直しを求めている九州再審弁護団連絡会の八尋光秀弁護士、日弁連人権擁護委員会再審部会・前部会長の泉澤章弁護士は再審法改正の必要性を訴えた。

福岡高裁が再審開始を決めたにもかかわらず、検察が特別抗告している松橋事件の弁護人の齋藤誠弁護士も、被告が無実である明確な証拠があると訴えた。再審無罪を勝ち取った東住吉事件の青木恵子さんや、布川事件の櫻井昌司さんは、再審の門を開けるまでの困難さ、無実で幽閉された辛さを語った。

集会参加者は200名あまり。現在の日本で、冤罪への関心は高いとはいえない。いつ誰の身に降りかかるかもしれないのが、冤罪の怖さである。
(文=深笛義也/ライター)

あなたにおすすめ