夏休みまであと1ヶ月!海外旅行で役立つ人気アプリ3選を実際に使ってみた!


かつては旅行の荷物になっていた地図やガイドブックや、英和辞書…。今はこれら全部、アプリをスマホにダウンロードすれば、身軽に旅行できるようになりましたよね。そこで、今回は地図や辞書だけじゃない!海外旅行で役立つ人気アプリを実際に使ってみたので、ご紹介します。

ロサンゼルスに行くなら【Uber】!


配車サービスを提供するアプリ、Uber。(https://www.uber.com/ja-JP/)

日本ではUber Eats(フードデリバリーサービス)の人気が高まっているので、ご存知の方も多いかと思います。Uberはタクシーみたいなものなのですが、ドライバーは一般の方たち。自家用車を使って乗客を目的地へ運んでくれます。交通費がタクシーよりも安くつくので、利用者が急増しているアプリです。

私はUberを使う前まで「一般の人の車に乗って大丈夫?しかも海外で…」と少し心配していました。使うかどうか躊躇していた私の背中を押したのが、Uberのドライバーと乗客が評価をし合うというシステム。低評価を受けるとドライバーは送迎ができなくなることもあるそうです。結構シビアな評価制度ですが、それならタクシーより安全かも?と思いました。

逆の立場で考えれば、乗客だけではなく、ドライバーの方も「どんなお客さんが来るんだろう?」と不安に思うかもしれません。私が乗ったあるUberドライバーの男性は、過去に酔っぱらったお客さんが絡んできて、少し怖い思いをした経験があると言っていました。もちろんUberはドライバーから乗客の評価をすることもできるので、そのドライバーはその乗客に低評価を付けたとか。

ただ、普通にマナーを守って使えばとても便利なアプリだと思います。ロサンゼルス以外でも世界の様々な場所で利用できるので、旅行の際Uberが使えるかチェックしてみて下さい!

香港に行くならKlookでお得に!

MADURO(マデュロ) 2017-12-22 発売号
Fujisan.co.jpより
Klookは現地ツアークーポンアプリ。(https://www.klook.com/)

様々なアミューズメントやレストラン、交通機関が通常よりも安い料金で利用できます。私は、香港に行ったときに利用しました。香港以外の国もカバーしてますが、香港のアクティビティは割引が大きかったのでお得!最近では小田急電鉄と提携して外国人向けにQRコードによる乗車券引換えシステムの利用を開始したりと、日本でも知名度を上げているアプリです。

今のところ、まだ日本語ページがないのがちょっと難点…。英語で見ることができるので、英語が分かる人であれば問題ありません。また、なにかトラブルがあった時は、スタッフとのやり取りは英語なので、多少の英語知識はあった方が安心です。

長期滞在するならAirbnb!


Airbnbは、民泊アプリ。(https://www.airbnb.jp/)

長期滞在の旅行で、ゆったりと過ごしたいという人にお勧め。ホストからローカル情報を教えてもらえたり、住宅街に滞在できるので、そこに暮らしているような気分を味わえちゃえます。ホテルで贅沢に過ごすというのもいいですが、たまにはゆったりとプライベートな空間で過ごせるのもある意味贅沢ですよね。

AirbnbもUberと同じくホストと宿泊客がお互いを評価し合えるので、利用するときはホストの評価もしっかりチェックすることをお勧めします。私は優良ホストに評価された「スーパーホスト」に限定して宿を選びました。近所のファーストフードやお勧めのレストラン情報を教えてれたり、しかも、キッチンにはお菓子まで用意してくれました!おもてなしの心に感激!

いかがでしたでしょうか。

今度の旅行の参考にして頂けると嬉しいです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ