小林薫、“大の猫嫌い”で立川志の輔の親友役に「出来上がりが楽しみ」

ザテレビジョン

2018/6/27 08:00

2019年2月に公開される、落語家・立川志の輔の初主演映画「ねことじいちゃん」に、小林薫、田中裕子ら実力派俳優の出演が決まった。

本作は、Webサイト「コミックエッセイ劇場」にて連載中の同名コミックの映画版。とある小さな島で暮らす“じいちゃん”こと大吉(志の輔)と、猫のタマの物語だ。

世界的に有名な動物写真家であり、NHK BSプレミアムで放送中の「岩合光昭の世界ネコ歩き」でおなじみの岩合光昭が初めて映画監督に挑戦している。

また、ヒロイン役として映画出演が3年ぶりとなる柴咲コウが出演することも発表され、話題となったばかり。

そんな本作に、舞台となった島の住人役などで新たに小林、田中、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之の出演が決定した。

猫が多数登場する本作にて、志の輔が演じる主人公・大吉の親友で “大の猫嫌い”という巌を演じた小林は「動物と人間が絡む映画って大変」と言いつつ、「どんな作品に仕上がっているのか、出来上がりが楽しみ」と期待を寄せる。

■ コメント続々!

多数の猫との共演については、巌の初恋の相手であるサチを演じた銀粉蝶も「最初はお互い緊張していて大変でした。でも、島で撮影していくうちになんとなくうまくいくようになりました」と撮影の様子を明かす。

島唯一の病院で働く若先生・健太郎役の柄本も、撮影の舞台となった愛知・佐久島での生活について「島で長い時間をかけて撮影するのが久しぶりで、すごく映画作りの醍醐味(だいごみ)を味わいながらできました」と、ゆったりとした島での撮影を満喫した様子だ。

さらに、岩合監督による初めての映画作品ということで、大吉の亡くなった妻のよしえを演じた田中は「岩合さんが撮られる映像の中で、猫と一緒に。志の輔さんと一緒に。映してもらえるなんて、幸せでした」とコメントを寄せた。

ほか、「今まで見たことない映画になっていると思います。主演の志の輔さんと岩合監督によって、どんな化学変化が起きるのか僕自身も楽しみです」(山下)。

「ちっちゃい子から、お年寄りの方々まで幅広い方が、すごくほっこりする作品だと思うので、家族で見てほしいなって思います」(葉山)と、それぞれアピールした。

映画「ねことじいちゃん」は愛知県知多半島に浮かぶ佐久島を中心に撮影が行われ、4月10日にクランクアップ。2019年の2月公開を予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/152061/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス