健太郎、間もなく21歳のバースデー「実年齢より大人、25歳の器でありたい」

ザテレビジョン

2018/6/26 12:00

――今秋公開予定の映画「覚悟はいいかそこの女子。」のスピンオフが、6/26[火]からTBSほかで全5話で放送される。今作は椎葉ナナの同名コミックが原作で、学校イチのモテ男が実は観賞用で、実際はリア充から程遠い存在だった…という男子4人組の青春ストーリー。中川大志が主人公の愛され男子・古谷斗和を演じ、健太郎が斗和の幼稚園からの幼なじみで同級生の新見律を演じている。2人は「脱・童貞同盟」の澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)と常につるんでおり、男子4人のわちゃわちゃ感も楽しめる作品だ。

健太郎「恋愛映画やドラマはたくさんありますが、この作品は男友達の関係性がすごくいいんです。例えば、斗和が女子にブワーって押し寄せられたときには、僕ら3人が警備スタッフのように斗和を守るのですが、それは僕らが斗和のことが大好きだから。そういう友達の関係性がすごくいいんです。4人ともバカだし、ヘタレだし、精神年齢も低いのですが、そこもかわいいんですよね!(笑)」

――グループ内の1人が異常にモテるという状況だが、ヒガむこともなく、常に仲良しなのだ。

健太郎「僕らから見るとどんなに女の子の取り巻きがいようが、斗和は斗和。斗和という人間が好きで一緒にいるので、ヒガミもないんです。それに斗和もモテることを嫌みっぽく言わないので、そこもいいんでしょうね」

――一方、健太郎演じる律は恋愛経験がなく、不器用なタイプ。その律がドラマ版の主軸になっていく。

健太郎「律はすごく不器用なのですが、そこがかわいいんですよ。第1話で出会う小雨に恋をするのですが、律は不器用だからこそ応援したくなるんです。そういう思わず応援したくなるところが、律の最大の魅力なのではないかな?と思って演じています」

――ドラマでは全5話を通して、律は少しずつ殻を破っていく。

健太郎「好きな人のために人前が苦手な律が、文化祭に向けてギターを練習するシーンがあって、指にタコを作りながら頑張るんです。演じながら、律の成長をすごく感じました。でも、成長したなと感じるとちょっと戻って、そこからまた成長して…となるんです。律自身、今行かないと! 今言わないと!って思うのですが、なかなか行動できない。思っていることに行動が伴わなくて悶々(もんもん)としているので、僕はそこに人間性を感じて好きだなって思います」

――今作は女性はもちろん、男性も共感できる点がいっぱいの作品だ。

健太郎「女子だけでなく、男子もめっちゃめっちゃ楽しめる作品だと思います! 分かる!ってことも多いと思いますし、バカだなーって笑うこともできるはず。僕らが考案したジャンケンが登場するので、高校生の男の子にマネしてもらえたらうれしいです!」

――そして、ドラマ版の後には、映画版が待ち構えている。

健太郎「ドラマは律の成長ストーリーになっていて、それを斗和が応援するという形になっていますが、映画になると今度は立場が逆転して、みんなで斗和の恋を応援する展開になります。斗和の恋の始まりみたいな部分もドラマで描かれていますので、そこもぜひチェックして見てください!」

■ 実年齢より大人になっていたい!

健太郎「今20歳ですが、25歳の器でありたいと思っています。まだまだですが。だから23歳のときは考え方も人間性も成長して、相談されたときにしっかりとした言葉で回答できる人になっていたいです」

Profile●けんたろう='97年6月30日生まれ、東京都出身。7/7[土]公開映画「ルームロンダリング」、9/21[金]公開「コーヒーが冷めないうちに」が待機中。ドラマ「アシガール」(NHK総合)の続編スペシャルも制作決定(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/149390/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ