ガンバ大阪・遠藤保仁『名探偵コナン』にゲスト出演

テレビドガッチ

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)と、Jリーグ開幕25周年を記念したコラボレーション企画「Jリーグの用心棒」(第907話)が7月14日に放送され、ガンバ大阪の遠藤保仁選手がゲスト出演することがわかった。遠藤選手が『名探偵コナン』に登場するのは、2012年公開の『劇場版名探偵コナン 11人目のストライカー』以来、2度目となる。

「Jリーグの用心棒」の舞台は、東京スピリッツVSガンバ大阪戦。始球式を務めることになった小五郎は、東都スタジアムにやってきたが、体調を崩して散々な結果になってしまう。始球式後、医師に下痢と判断されたが、コナンは小五郎が飲んだ公式スポーツ飲料を調べていくうちに、ある驚きの真実を突き止めてしまう……というストーリー。

先に行われたアフレコ収録では、集中して取り組めるように少人数用のブースにて行った遠藤選手。前回の映画のアフレコ収録では、関係者がズラリと並んでいたため「背後から来る無言のプレッシャーを感じていた」らしく、今回はリラックスして収録に臨めたという。

収録を振り返り、「すごく楽しくやれました。セリフも短かったし、前回よりよかったんじゃないですか」と自信をのぞかせ、さらに「集中する前に終わっちゃいました。あと10セリフくらいあったらちょうどよかったのかも(笑)」とコメントも絶好調。一方で「声優さんと圧倒的な差があるので、改めて『声優さんって本当にすごいなぁ』と思いました」としみじみと語った。

2012年に『劇場版名探偵コナン 11人目のストライカー』にゲスト出演した際は、周りからの反響がとても大きかったそうで、「一番多かったのが、『コナン君に出られていいな』という感想。チームメイトやスタッフからも言われましたし、他チームの選手からも言われました」と当時を振り返る。

特に『名探偵コナン』の大ファンだという遠藤選手の子どもたちは、「試合で僕がいないときに、妻と子どもたちで映画館へ観に行ったのですが、『ええなぁ~』と羨ましがっていました」と語ったものの、声優としての評価については「『めちゃめちゃ下手やん!』と言われました。『うそやろ!?』と言い返しましたけど(笑)」とほほえましいエピソードを明かした。

遠藤選手本人のイラストも、今回改めて書き下ろされ、イラストを見て本人は「イケてますね~」と大喜び。「僕、右目が一重で左目が二重なんですけど、ちゃんとそうなってますね。よく見ていますね」と感心していた。

Jリーグが今年で開幕25周年という節目に『名探偵コナン』のアフレコに挑戦できたことに対しては、「放送する時期にワールドカップもあり、ちょうどサッカーも注目されていると思うので、日本代表だけではなく、Jリーグのことも、もっと知ってもらいたいです。そのひとつのきっかけになってくれたら」と熱い思いを語っていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ