代々木駅前、半裸の男が刃物を持って立てこもり「花火発砲」 特殊部隊突入

しらべぇ

2018/6/25 17:40


(©ニュースサイトしらべぇ)

25日午後、JR代々木駅前の飲食店などが入るビルに、半裸の男が包丁を持って立てこもり、割れた窓から男が物を投げたり、花火のようなものを発砲する騒動が発生。

辺りの騒然とした様子を撮影した動画や写真がSNS上に相次いで投稿され、一時緊迫した状態となった。

■半裸の男が立てこもり、けが人なし


(©ニュースサイトしらべぇ)

報道によると、25日午後3時ころ、東京都渋谷区・代々木駅近くの飲食店で、男から「無銭飲食をした」との通報が寄せられた。

警察が駆けつけたところ、通報者とみられる男が上半身裸の状態で、手に刃物を持って立てこもっていたという。現在警視庁が詳しい状況を確認しており、店内にいた人は避難していて、けが人はいないとのこと。

現場は、JR代々木駅からほど近い飲食店が立ち並ぶエリアで、立てこもりの現場を多くの通行人などが目撃している。

また、犯人が窓から物を投げていることから、現場周辺では規制線が貼られ、通行止めの状態となっている。

■「花火放火」「一升瓶を投げている」


(©ニュースサイトしらべぇ)

犯人の男は、立てこもっている飲食店の窓ガラスを割り、そこから大声で何かを叫んだり、物を投げているもよう。その様子は多くの通行人の目に止まり、現場の緊迫した様子が相次いでツイッター上で報告されている。







物々しい様子に、インターネット上も一時騒然となった。

■特殊部隊が突入し、犯人の身柄を確保


(©ニュースサイトしらべぇ)

通報からおよそ2時間後の午後5時頃、警察の特殊部隊が現場に突入。半裸の男が警察官とともに建物から出てくる様子が見られた。

詳しい状況は現在確認中だが、いずれもけが人の情報ははいっていないとのこと。







「犯人確保」との報道に、安堵の声が広がっている。

穏やかな平日の昼下がりに、一体何があったというのか。警視庁からの公表が待たれるとともに、現場周辺では通行止めなどによる影響が続いているため、周辺の方々は注意してほしい。

・合わせて読みたい→新幹線車内での無差別殺傷事件 「容疑者がオタク顔」と飛び交うネットの声の危うさ

(文/しらべぇ編集部・もやこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ