不幸が似合う?シャルレーヌ公妃、夫とのキスが不評!

Movie Walker

2018/6/25 15:15

かねてから不仲説が絶えないモナコ公国のシャルレーヌ公妃(40)と夫のアルベール2世大公(60)が、公の場でキスを交わして不評を買っている。

元アスリートとあってスポーツがお得意なシャルレーヌ公妃は、積極的にスポーツイベントに参加しているが、今回はリビエラ・ウォーターバイク・チャレンジのイベントで、元F1ドライバーのマーク・ウェバーらとウォーターバイクを楽しんだようだ。

イベント用の黄色と赤のトップスに黒いスパッツ、スニーカー、サングラスという出で立ちで、抜群のスタイルと運動神経を見せてくれたシャルレーヌ公妃。今回も息子のジャック公子とお揃いで、抱っこする様子など、終始笑顔を見せていた。

最近は笑顔が多く「吹っ切れた?」「浮気夫と仲直り?」などと報じられていたが、今回はアルベール2世と堂々とキスを交わす様子もHello!誌などに掲載されており、不仲説を一蹴。仲のよさを見せつけたが、ネットユーザーたちからは「やっぱり2人は似合わない」「パフォーマンス?」「シャルレーヌ公妃は、笑顔より悲しそうな顔が魅力的かも」と好き放題なコメントが寄せられている。

またジャック公子と双子のガブリエラ公女は家でお留守番だったようだが「スポーツ好きはわかるけど、イベントはジャック公子中心じゃない?」「息子ばかりを溺愛している気がする」といった厳しい非難の声もあるようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

https://news.walkerplus.com/article/151517/

あなたにおすすめ