ももクロ佐々木彩夏、ブランド発足を発表 ランジェリーも展開で美ボディ披露の可能性に言及

モデルプレス

2018/6/24 20:45

【佐々木彩夏/モデルプレス=6月24日】ももいろクローバーZの佐々木彩夏が24日、神奈川・横浜アリーナでソロコンサート「AYAKA-NATION 2018 in 横浜アリーナ」を開催。開演前に報道陣の囲み取材に応じた。

◆佐々木彩夏、コンサート映像で「過去史上最高の露出度」



今年で3回目の開催となる同ソロコンサートは、“あーりんが考える、夏の最高の1日”をテーマに、佐々木が全面プロデュースしたもので、佐々木は「今回は夏をテーマに1本のライブをお届けしたいなと思って、夏を彷彿とさせるようなサマーソングをたくさん歌わせていただきます」と見どころを紹介。

コンサートで流れる映像やパンフレットの撮影をグアムで行ったそうで「ももクロは水着にならないので、南国での撮影はあまりないので、すごく楽しかったです」と回顧。水着の披露はあるのか聞かれると、「それはライブで見てくれた方限定ってことで…。まあ、なってないですけど(笑)」と茶目っ気たっぷりに答え、「でも過去史上最高の露出度だとは思います」と胸を張った。

◆佐々木彩夏、ブランド発足&ランジェリーを発売



また、佐々木は同コンサートで『Chubby Bunny(チュビー・バニー)』という名のブランドを発足することと、第1弾としてランジェリーを発売することを発表。「このブランドはいろんなものとコラボをして商品を作っていくブランドになると思います」と詳細を紹介し、「私が作りたいなと思ったものを作って、皆さんと共有できたらいいなと思います」と笑顔を見せた。

第1弾でランジェリーを発売することについては「まだどこのブランドさんっていうのは言えないんですけど、あるブランドさんとコラボさせて頂くことになりましたので、発表を待っていてほしいなと思います」と話し、そのランジェリーのモデルは誰が務めるのか問われると「そろそろ22歳なので、私が着るとどんな感じになるのか、皆さんも気になるところだと思うので、要検討で行きたいと思います」と含みを持たせた佐々木。

続けて、「女性向けのランジェリーと、男性向けの下着も作って、皆さんに楽しんでもらいたいと思います」と構想を明かし、「今までグッズで作ったことがないものの中で、女性も男性も使えるものはないかなと考えたときに下着だったので、下着までももクロ色で染まってくれたら嬉しいなと思います。最近モノノフさんでもカップルが多いので、お揃いの生地を使ったりして、カップルでも着てもらえたらいいですね」と期待に胸を膨らませた。

◆佐々木彩夏、サッカー日本代表はキーパー川島選手ファン



この日、サッカーW杯ロシア大会1次リーグで、日本対セネガル戦が行われることにちなみ、日本代表のユニフォーム姿で登場。「今日はあーりんのソロコンの後は、サッカー日本戦ということで、私もめちゃめちゃ詳しいわけじゃないんですけど、応援したいなと思って着てきました。便乗しました(笑)」と笑いを誘い、誰のユニフォームを着てきたのか尋ねられると「ゴールキーパーの川島(永嗣)選手のユニフォームを着てきました。ゴールキーパーってかっこよくないですか?男らしいというか、ドンと構えている感じが頼もしくて、かっこいいなあって思っていて、高校生のときからずっと『川島選手推し』って言っています!」とコメントし、「ただのミーハーなんですけど、W杯ってワクワクしますね」とニッコリ。

また、川島選手のようにドンとした男性がタイプなのかという質問には「そうですね。やっぱり男らしい人ってかっこよくないですか?自分に持っていないものを持っている方ってすごくかっこいいなと思うので、そういう男らしくリードしてくれる方がいいですね」と目を輝かせた。

◆ほかのももクロメンバーは?「ソロコンとかやると、ちょっとギスギスとね」



そして、一緒に参加していた3B juniorの愛来と市川優月から「後輩なのでちょっと聞きづらいんですけど、今日、ほかの3人は来られないと聞いたんですが、関係って微妙なんですか?」と質問された佐々木は、「当初の予定だとみんな『行くよ』って言っていたんですけど、いざ当日になってみると、しおりん(玉井詩織)からは『頑張ってね。DVD楽しみにしてるね』って連絡が来たので、来ないんだろうなって思って、れにちゃん(高城れに)からも『頑張ってね』って連絡が来たんですけど、かなこちゃん(百田夏菜子)からは連絡が来ないので、どうしたもんかなと思っています…」と不満気な表情を浮かべ、「ソロコンとかやると、ちょっとギスギスとね(笑)。これから(3B juniorも)あると思うので気をつけてね」と忠告して会場を沸かせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス