【東北】激ウマ「ご当地グルメ」県別ガイド!地元ツウが選ぶおすすめ名物も

じゃらんnews

2018/6/24 10:00


ぴょんぴょん舎稲荷町本店

出かけた先で名物グルメを味わうことは、旅の醍醐味の一つ。今回は、東北エリアのご当地グルメ店選びで失敗したくないアナタへ、グルメのプロや地域のプロが選ぶおすすめの激ウマグルメを、県別にご紹介いたします!
青森県のりんごづくしグルメをはじめ、宮城県の牛タン、山形県の個性あふれるラーメン、秋田の稲庭うどんから、岩手の三大麺まで、どれもご当地の魅力がたっぷりのグルメばかり!ぜひ今度の旅行プランの参考にしてくださいね!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■りんごづくしの1日【青森】
■牛たん、どこで食べよう?【宮城】
■三大麺食べ比べ【岩手】
■定番&最新稲庭うどん【秋田】
■ラーメンワンダーランド【山形】
■独自の麺文化を体験!【福島】


りんごづくしの1日【青森】

青森県といえばそう、りんご。特に弘前エリアでは特産品であると同時に、そのりんごを使った多彩なグルメが食されているのだ。その秘密と美味しさを、ぜひ探ってみよう。

・弘前では「暑過ぎない夏と、昼夜の寒暖差が大きい秋」というりんご栽培に適した環境のもと、約140年の歴史で培った栽培技術・管理によって、美味しいりんごが作られています。(弘前市農林部りんご課長吉田秀樹さん)
BOULANGERIE Four
りんご形のパンの中からりんごとクリームチーズが。
BOULANGERIE Fourアップルチーズ194円。りんごのような見た目は食べるのが惜しいほどキュート
BOULANGERIE Four

弘前公園前の、カフェみたいなパン屋さん。イートインスペースでは購入したパンと一緒にカフェラテなどのドリンクも楽しめる。弘前産ふじとクリームチーズをインしたパンは幸せな味わい。
BOULANGERIE Four(ブーランジェリーフー)
TEL/0172-33-2222
住所/青森県弘前市亀甲町65-1
営業時間/7時30分~18時
定休日/月(祝日の場合は火)
アクセス/東北道大鰐弘前ICより21分
駐車場/3台
PEPE KITCHEN
肉汁たっぷりビーフとりんごのときめく出合い。
PEPE KITCHENカントリーアップルバーガー900円。甘酸っぱいりんごと、ジューシーなビーフパテは抜群の相性!
ソースからすべて手作りのアメリカンフードを提供する店。中でも食べ応えがあるバンズに、繋ぎを一切入れない牛肉100%のパテとりんごをはさんだバーガーは、一番人気のメニューだ。
PEPE KITCHEN(ぺぺキッチン)
TEL/0172-55-9266
住所/青森県弘前市稲田2-1-1
営業時間/11時~14時、18時~22時
定休日/水
アクセス/東北道大鰐弘前ICより14分
駐車場/10台
洋菓子工房ノエル
パイのすみずみまでりんごがぎーっしり!
洋菓子工房ノエルりんごたっぷりパイ1ピース330円。15cmホールにりんご丸ごと3個を使用
津軽のりんごをたっぷり使用し、シナモンを加え香り豊かに焼き上げたアップルパイが人気。「第2回アップルパイコンテスト(2002年)」で弘前市長賞を受賞し、地元民にはお馴染みの味わい。
洋菓子工房ノエル
TEL/0172-35-7699
住所/青森県弘前市品川町2-2
営業時間/9時~18時30分
定休日/火
アクセス/東北道大鰐弘前ICより18分
駐車場/なし
「洋菓子工房ノエル」の詳細はこちら
ジークフリート弘前店
ひと口ほおばればあふれる甘酸っぱさ。
ジークフリート弘前店林檎の樹950円。2010年りんごスイーツコンテスト最優秀賞受賞
青森県内4店舗を展開するパティスリー。弘前産ドライアップルをたっぷり入れ、表面をホワイトチョコでりんごの表皮のようにデコレートしたパウンドケーキには、りんごの美味しさが凝縮!
ジークフリート弘前店
TEL/0172-33-0141
住所/青森県弘前市大字駅前3-2-1 イトーヨーカドー弘前店地下1階
営業時間/9時~21時
定休日/なし
アクセス/東北道大鰐弘前ICより16分
駐車場/1160台
「ジークフリート弘前店」の詳細はこちら
Three Bridge
サクサク生地からりんごがこんにちは。
Three Bridgeショソンオポム300円。売り切れ必至の人気商品。前日電話予約が吉
ヨーロピアンな佇まいが目を引くパン屋さん。特におすすめはサクサクの生地に、りんごのフィリングをたっぷり詰めたアップルパイ。生地の香ばしさとりんごの甘酸っぱさが好相性だ。
Three Bridge(スリーブリッヂ)
TEL/0120-381-559
住所/青森県弘前市駅前町16-7
営業時間/8時~17時
定休日/月・日祝
アクセス/東北道大鰐弘前ICより16分
駐車場/3台
フランス食堂シェ・モア
紅玉の甘酸っぱさで料理の味わいもアップ!
フランス食堂シェ・モアりんごフルコース5940円(2名~。要予約)。リンゴの甘みだけでなく香りや酸味を活かしつつ、さまざまな料理に仕立てたフルコースフランス食堂シェ・モア「近海魚のポワレシードルソース」など、目にも美しいメニューが並ぶ
地元産食材をふんだんに使用したフレンチがこの店の自慢。中でも紅玉をさまざまな形に仕立てた料理で構成するランチコースは、弘前ならではの味が楽しめると評判を呼んでいる。
フランス食堂シェ・モア
TEL/0172-33-7990
住所/青森県弘前市代官町53-2
営業時間/11時~LO14時、17時~LO20時30分
定休日/月
アクセス/東北道大鰐弘前ICより25分
駐車場/10台
「フランス食堂シェ・モア」の詳細はこちら
レストラン山崎
フレンチの仕立てにりんごが利いてる!
レストラン山崎奇跡のりんごフルコース5400円。スープからソースまで、まさに「奇跡のりんご」づくしレストラン山崎もちろんデザートにもしっかり「奇跡のりんご」を使用
本格派フレンチをふるまう店。特に有名な「奇跡のりんご」を使ったメニューを多彩に提供し、それだけで構成したコースもあるほど。隣接するカフェではお土産も販売しているので要チェック。
レストラン山崎
TEL/0172-38-5515
住所/青森県弘前市親方町41
営業時間/11時30分~LO14時、17時30分~LO20時30分
定休日/月
アクセス/東北道大鰐弘前ICより21分
駐車場/4台
「レストラン山崎」の詳細はこちら


牛たん、どこで食べよう?【宮城】

仙台の三大名物といえば、笹かま・ずんだ・牛たん。今回は中でも牛たんに注目してみたぞ。スタンダードな定食からバラエティメニューまで、さあ、とくと召し上がれ。

・仙台牛たんの歴史
現在の仙台牛たん焼き誕生は、初代店主の故・佐野啓四郎が東京で料理の修業中、仏人シェフから“牛たんの美味しさ”を教わったことがきっかけ。「日本人好みに」と工夫の末完成したメニューです。(元祖味太助三代目店主 佐野健太郎さん)
元祖味太助
ランチは行列必至!元祖店といえばココ。
元祖味太助牛たん1.5定食 2100円。牛たんの枚数が通常の1・5倍で食べごたえ抜群のボリューム
仙台牛たん焼きの元祖店として名高いこの店。牛たんの皮むきからスライス、塩振りまですべて職人が手作業で行い、絶妙な加減で焼き上げる。その仕上がりはジューシーかつ歯ごたえ絶妙だ。
元祖味太助(がんそあじたすけ)
TEL/022-225-4641
住所/宮城県仙台市青葉区一番町4-4-13
営業時間/11時30分~22時(LO21時30分)
定休日/火
アクセス/東北道仙台宮城ICより10分
駐車場/なし
「元祖味太助」の詳細はこちら
牛たん料理 閣 本店
卓越したスキルで牛たんの旨さを高める。
牛たん料理 閣 本店牛タン定食 1836円。この店の定番といえば「牛たんタタキ」とこの定食!
創業30年目の老舗。牛たんの筋が硬くならないよう独自のカット技術を駆使し、備長炭で焼き上げる牛たんが評判だ。味付けには天然塩を使用し、噛みしめた瞬間肉汁が口中に広がる。
牛たん料理 閣 本店(かくほんてん)
TEL/022-268-7067
住所/宮城県仙台市青葉区一番町3-8-14 鈴喜ビル地下1階
営業時間/11時30分~14時30分(LO14時)、17時~22時30分(LO21時30分)
定休日/不定
アクセス/東北道仙台宮城ICより10分
駐車場/なし
「牛たん料理 閣 本店」の詳細はこちら
炭焼牛たん 東山 仙台本店
しっかり熟成させた分厚いジューシー牛たん。
炭焼牛たん 東山 仙台本店牛たん定食1922円。セットの麦飯は、出汁醤油をかけたとろろをかけてどうぞ
母体は老舗焼肉店で、肉への目利きはお墨付き。職人が一枚ずつ手仕込みし、三日三晩しっかりと熟成させた、厚切りの牛たん焼きはしっとりとした口当たりが魅力だ。ゆで牛たんも人気。
炭焼牛たん 東山 仙台本店(ひがしやませんだいほんてん)
TEL/022-263-4129
住所/宮城県仙台市青葉区中央2-6-30-1階
営業時間/11時30分~24時(LO23時30分)、土11時~24時(LO23時30分)、日祝11時~23時(LO22時30分)
定休日/なし
アクセス/東北道仙台宮城ICより15分
駐車場/なし
「炭焼牛たん 東山 仙台本店」の詳細はこちら
青葉亭仙台エスパル店
牛たんのおいしさを味わい尽くすならココ。
青葉亭仙台エスパル店牛たんシチューセット1510円。柔らかく煮込んだ牛たんを赤ワイン入りデミソースで
牛たんの名店「伊達の牛たん本舗」が、さらなる味覚を追求してのれんを掲げた「青葉亭」。定番の定食に加え、牛たんを使ったバラエティメニューも必食のおいしさだ。
青葉亭(あおばてい)仙台エスパル店
TEL/022-212-8027
住所/宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 エスパル仙台店 地下1階
営業時間/11時~23時(LO22時)
定休日/仙台エスパル本館に準ずる(年2回程度)
アクセス/東北道仙台宮城ICより15分
駐車場/仙台エスパル契約駐車場あり(有料)
「青葉亭仙台エスパル店」の詳細はこちら
仙台 五臓六腑
希少な和牛の牛たんを贅沢なしゃぶしゃぶに!
仙台 五臓六腑黒毛和牛 牛タンしゃぶしゃぶ 1人前 4380円。自家製の「とろみポン酢」と「胡麻ダレ」で召し上がれ(写真は2人前、2人前から注文可)
こだわりの焼き肉とホルモン、そして「牛タンしゃぶしゃぶ」で人気の店。特にしゃぶしゃぶは新鮮な黒毛和牛の牛たんの霜降り部分のみを厳選してスライスした、贅沢メニューだ。
仙台 五臓六腑(ごぞうろっぷ)
TEL/022-393-6429
住所/宮城県仙台市青葉区国分町2-10-3 バンガロービル1~4階
営業時間/17時~翌3時(LO翌2時30分)、日祝~0時(LO23時30分)
定休日/なし
アクセス/東北道仙台宮城ICより10分
駐車場/なし
「仙台 五臓六腑」の詳細はこちら


三大麺食べ比べ【岩手】

三大麺食べ比べ岩手・盛岡が誇る「三大麺」はいずれも個性豊かで、一度食べたら忘れられない味ばかり。お気に入りを探求するか、はたまた3種コンプリートを目指すか。いざ麺探訪の旅へ!

・その昔、岩手県の中央~北部では冷涼な気候のため米の栽培が難しく、雑穀やそばを常食としてました。その結果そば文化が発達。新しい麺文化も受け入れやすい素地が育ちました。(盛岡三大麺普及協議会事務局 東家髙橋大さん)
わんこそば

一口大に小分けした蕎麦を多彩な薬味と味わう、盛岡独特の伝統食。宴席で大勢の来客をもてなすといために考えられたといわれていて、大体15杯前後で通常のもりそば一杯分相当だ。
東家本店
おもてなしの心が息づく老舗の「はい、じゃんじゃん」。
東家本店わんこそば<お椀を重ねるコース>3460円。そばだけでなくマグロ刺身や鶏そぼろなど多彩な薬味も◎
創業が1907年という老舗中の老舗。盛りそばからそば会席まで、多彩なもてなしそばを提供する。わんこそばを100杯以上食すと、店舗オリジナル「わんこそば証明手形」がもらえるぞ。
東家本店(あずまやほんてん)
TEL/019-622-2252
住所/岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3
営業時間/11時~LO20時
定休日/なし
アクセス/東北道盛岡ICより20分
駐車場/近隣Pを利用
「東家本店」の詳細はこちら
初駒本店
原材料にこだわりあり喉ごし良いわんこそば。
初駒本店梅コース2592円。100杯を達成した人には、店から「わんこ手形」を進呈
次々とそばをサーブする、給仕さんとの掛け合いも楽しいわんこそば。そば粉は岩手県北部産の「南部一」のみを使用していて、その香りの良さと甘みを感じさせる風味が好評だ。
初駒本店(はつこまほんてん)
TEL/019-651-7184
住所/岩手県盛岡市八幡町10-21
営業時間/11時~15時、17時~20時(日は昼のみ)
定休日/水
アクセス/東北道盛岡ICより20分
駐車場/10台
「初駒本店」の詳細はこちら
盛岡じゃじゃ麺

「白龍」高階さんが考案したものが元祖。麺と肉味噌を混ぜ、好みで生姜や酢を加えて食す。食べ終った皿に卵とゆで湯をまぜ「ちいたんたん」にするのが通。
白龍本店
すべてはこの店から!盛岡が誇る元祖店。
白龍本店じゃじゃ麺中600円。皿に残った肉味噌は、+50円で「ちいたんたん」にして完食を
じゃじゃ麺の元祖といえばこの店。1953年頃に創業し、以来初代が考案したメニューを提供し続けている。もっちりした食感の平打麺と肉味噌、薬味が織りなす絶妙なハーモニーを楽しんで。
白龍本店(ぱいろんほんてん)
TEL/019-624-2247
住所/岩手県盛岡市内丸5-15
営業時間/9時~21時(LO20時40分)、日11時30分~18時45分
定休日/なし
アクセス/東北道盛岡ICより15分
駐車場/なし
「白龍本店」の詳細はこちら
じゃじゃ麺屋 香醤
黒ごまたっぷりの肉味噌は香ばしさ満点。
じゃじゃ麺屋 香醤じゃじゃ麺<中>500円。小麦粉「金すずらん」で打つ麺はもちもちとした歯ごたえ。
20種類以上の材料を混ぜ込み、熟成させた肉味噌がこの店の自慢。ニンニクは控えめなので、昼間でも安心して食べられる。パンチを利かせたいときは卓上の薬味を好きなだけプラスして。
じゃじゃ麺屋 香醤(こうじゃん)
TEL/019-626-2336
住所/岩手県盛岡市大通2-4-18
営業時間/11時~LO翌1時30分(金・土~LO翌2時)
定休日/日(祝日の場合は月)
アクセス/東北道盛岡ICより14分
駐車場/近隣Pを利用
「じゃじゃ麺屋 香醤」の詳細はこちら
盛岡冷麺

朝鮮出身で「食道園」創業者の青木さんが考案。小麦粉と馬鈴薯でんぷんで打つコシの強い麺が特徴で、スープは牛骨や鶏肉からとるのが主流。店ごとに異なるキムチの風味も楽しい。
ぴょんぴょん舎稲荷町本店
打ちたて生麺はつるりとした喉ごし。
ぴょんぴょん舎稲荷町本店盛岡冷麺918円。強いコシの麺は注文後に製麺機でしぼり出す。
盛岡から始まり、いまや関東圏まで展開する焼肉店。1986年開催の「ニッポンめんサミット」で提供した同店の盛岡冷麺が評判を呼び、その知名度を全国区にした。お土産商品も充実!
ぴょんぴょん舎稲荷町本店
TEL/019-646-0541
住所/岩手県盛岡市稲荷町12-5
営業時間/11時~23時30分(LO22時30分)
定休日/なし
アクセス/東北道盛岡ICより4分
駐車場/50台
「ぴょんぴょん舎稲荷町本店」の詳細はこちら
食道園
試行錯誤の末完成した盛岡発の味わい。
食道園冷麺900円。スープの塩味は控えめで甘さを感じる味わい
いまや全国区の味となった盛岡冷麺の元祖店。溶き卵に肉をくぐらせるスタイルの焼き肉でも知られ「焼き肉+盛岡冷麺」が、この店の鉄板オーダーとなっている。辛さは3段階から選択可能だ。
食道園(しょくどうえん)
TEL/019-651-4590
住所/岩手県盛岡市大通1-8-2
営業時間/11時30分~15時(LO14時50分)、17時~23時(日祝11時30分~15時、17時~21時)
定休日/第1・3火
アクセス/東北道盛岡ICより4分
駐車場/なし
「食道園」の詳細はこちら


定番&最新稲庭うどん【秋田】

滑らかな喉ごしで根強いファンを持つ稲庭うどん。シンプルにつゆで食すスタンダードな味だけでなく、今やバラエティメニューも続々登場中だ。さあ、どっちを食べる?

・雪深い秋田で冬の保存食として発達。秋田藩主・佐竹氏の御用処として、その技術は門外不出でしたが、技術断絶を心配した稲庭吉左エ門が2代目・養助に伝授したことで今に繋がりました。(佐藤養助商店 樋口加代子さん)
寛文五年堂 秋田店
希少な生麺うどんを堪能するならココ!
寛文五年堂 秋田店生と乾、喉ごしの違いを確かめて。【定番】冷たい生麺と冷たい乾麺の味比べ1025円。伝統的な乾麺と、技術の結晶である生麺を一度に味わう贅沢メニュー寛文五年堂 秋田店サクサク海老天とつるつるうどんの競演。【最新】海老天カレーうどん(生麺)1480円。滑らかな生麺うどんを贅沢な海老天&カレーで寛文五年堂 秋田店稲庭うどんが購入できるオンラインショップも充実
稲庭うどんと、秋田の郷土料理を提供する店。うどんは伝統的な手綯いで、すべての工程を人の手で手がけたものを提供。特に「生麺」は一日の提供数が限られる希少メニューだ。
寛文五年堂 秋田店(かんぶんごねんどう あきたてん)
TEL/0120-1728-86
住所/秋田県秋田市中通1-4-3 エリアなかいち1階
営業時間/11時~15時、17時~22時(LO21時30分)土・日祝11時~22時(LO21時30分)
定休日/なし
アクセス/秋田道秋田中央ICより12分
駐車場/エリアなかいち内立体駐車場あり(有料)
「寛文五年堂 秋田店」の詳細はこちら
伝承の味処 無限堂 大町本店
秋田名物とうどんを一度に味わう至福。
伝承の味処 無限堂 大町本店地鶏のコクがうどんに絡む!【定番】比内地鶏のつけ麺1210円。秋田名物の比内地鶏と稲庭うどんが一度に楽しめる伝承の味処 無限堂 大町本店彩りもきれいな冷製仕立て。【最新】冷やしじゅんさい梅うどん960円。じゅんさいのつるりとした口当たりがうどんと好相性伝承の味処 無限堂 大町本店落ち着いた商家のたたずまい
職人がつきっきりで「こね、綯い、延ばし、熟成、乾燥」まで手がける伝統的な稲庭うどんを提供。メニューは「比内地鶏のつけ麺」など種類豊富で、あわせて秋田の郷土料理も充実している。
伝承の味処 無限堂(むげんどう)大町本店
TEL/018-863-0008
住所/秋田県秋田市大町1-3-2
営業時間/11時~14時、17時~22時(LO21時30分)
定休日/なし
アクセス/秋田道秋田中央ICより12分
駐車場/なし
「伝承の味処 無限堂 大町本店」の詳細はこちら
佐藤養助総本店
150年以上の歴史が味わいに息づく。
佐藤養助総本店醤油つゆでさっぱり胡麻味噌ダレでこっくり。【定番】二味せいろ880円。胡麻味噌つゆと醤油つゆの2種で味わう佐藤養助総本店夏の食欲をそそるWのカレーだれが◎。【最新】タイカレー二味セット1280円。グリーン&レッド、2種のカレーがつけだれに佐藤養助総本店店内には稲庭うどんの歴史を語る貴重な資料も展示
創業は1860年の江戸末期。宗家・稲庭吉左エ門がその技術を2代目佐藤養助に伝えたことに始まる由緒ある店。店舗併設の工場ではうどんを手綯いする様子を見学することもできる。
佐藤養助総本店(さとうようすけそうほんてん)
TEL/0183-43-2911
住所/秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80
営業時間/11時~17時
定休日/年末年始
アクセス/秋田道湯沢ICより20分
駐車場/60台
「佐藤養助総本店」の詳細はこちら


ラーメンワンダーランド【山形】

東北で指折りの麺王国といえば山形県。全国にその名を馳せる「米沢ラーメン」にはじまり、スープも麺も個性豊かな一杯がそろい踏み。あなた好みのラーメンは、どのお味?

・1923年の関東大震災で被災した、横浜中華街の華僑の人たちが県内各地に移り住むようになり、屋台でラーメンを提供するようになったのが始まりとも言われます。(ラーメン官僚 田中一明さん)
栄屋本店
「冷やし」の理由は食べてみて納得!
栄屋本店冷しらーめん810円。スープに浮かぶ透き通った氷が涼感を誘う
1952年に誕生した「冷しラーメン」の元祖。鰹節・昆布・牛などを用いたスープは、口の中でじわりと広がる上品で丸みのある甘みが印象的だ。
栄屋本店(さかえやほんてん)
TEL/023-623-0766
住所/山形県山形市本町2-3-21
営業時間/11時30分~20時(10月1日~3月18日は11時30分~19時30分)
定休日/水(祝日の場合は翌日)※1・8月は不定
アクセス/山形道山形蔵王ICより12分
駐車場/4台
「栄屋本店」の詳細はこちら
鬼がらし本店
冷たいスープで味噌の風味もUP!
鬼がらし本店冷しみそらーめん790円。スープの辛さは5段階からチョイス可能
スープ温度を下げることで味噌の風味が引き締まり、温麺では困難なコクとキレとの両立を実現。冷水でコシを強めた麺も、スープの魅力を後押しする。
鬼がらし本店
TEL/023-631-0202
住所/山形県山形市南原町3-9-38
営業時間/11時~16時、17時30分~21時
定休日/木
アクセス/山形道山形蔵王ICより5分
駐車場/20台
「鬼がらし本店」の詳細はこちら
一茶庵分店
ラーメンと鶏もつの衝撃的な出合い。
一茶庵分店とりもつラーメン750円。「もつ」独特の臭みはなくすっきりした味わい
あと口軽快な鶏ガラスープに浮かぶのは鶏もつの煮込み。もつ独特の食感を愉しみながら、滑らかなストレート麺をすすれば、快楽的な味わいが口中に広がる。
一茶庵分店(いっさあんぶんてん)
TEL/0233-22-8133
住所/山形県新庄市沖の町2-24
営業時間/10時30分~14時
定休日/不定
アクセス/新庄北道新庄ICより10分
駐車場/2~4台
「一茶庵分店」の詳細はこちら
そばの店ひらま
細ちぢれ麺がすっきりスープと調和。
そばの店ひらま中華そば600円。麺通の間で誉れ高い「平間製麺」の直営店
米沢中華の頂点。麺は、自らが構える製麺所で手掛けたものを使用。縮れが演出する食感と触感にこだわり、製麺後・茹で前の2度にわたり手もみしている。
そばの店ひらま
TEL/0238-37-2083
住所/山形県米沢市大字浅川1314-16
営業時間/11時20分~15時 ※スープがなくなり次第終了
定休日/水
アクセス/米沢南陽道米沢北ICより12分
駐車場/20台
「そばの店ひらま」の詳細はこちら
麺工房さらしな
ひと口で旨みがにじむ渾身のダシ活きる一杯。
麺工房さらしないいとこ取りラーメン840円。県産小麦「ゆきちから」使用のワンタンも美味
長崎・五島産の焼きアゴを軟水で丁寧に炊いたダシは、ひとすすりで薫りの輪郭が浮かび上がる職人技の結晶。強靱なコシの麺は、もちろん自家製だ。
麺工房さらしな
TEL/0234-24-2258
住所/山形県酒田市亀ケ崎5-4-40
営業時間/11時~14時30分 ※スープがなくなり次第終了
定休日/日
アクセス/日本海東北道酒田みなとICより17分
駐車場/17台
龍上海赤湯本店
「赤湯」をブランド化した元祖辛味噌といえばココ。
龍上海赤湯本店赤湯辛味噌ラーメン830円。辛味噌は少しずつ溶いて食べるのがベスト
赤湯辛味噌ラーメンの元祖。豚・鶏・魚介のスープに、うま味濃い味噌をブレンド。磯の香りを運ぶ青海苔とスープを引き締める辛味噌が、風味をより豊かに。
龍上海赤湯本店(りゅうしゃんはいあかゆほんてん)
TEL/0238-43-2952
住所/山形県南陽市二色根6-18
営業時間/11時30分~19時
定休日/水
アクセス/東北中央道南陽高畠ICより7分
駐車場/24台
「龍上海赤湯本店」の詳細はこちら
かめや食堂
馬肉とラーメンとの新たな出合いがここに。
かめや食堂中華そば(中盛り)650円。大盛りは750円、小盛りは620円也
先代から受け継がれたノウハウを駆使し、長井市の名物「馬肉」を柔らかく煮込んで仕上げたチャーシューは、噛み締める度にコクとうま味があふれ出す。
かめや食堂
TEL/0238-88-9753
住所/山形県長井市今泉2246
営業時間/11時~14時30分、17時30分~19時30分(LO19時)
定休日/水
アクセス/東北中央道山形上山ICより45分
駐車場/17台
馬肉支那そば まる久
「馬肉ラーメン」で北の雄、といえばこちら。
馬肉支那そば まる久馬肉支那そば650円。スープは色濃いが意外にもあっさり風味
鶏ガラをベースに、魚介系と野菜のダシをあわせたスープはクセのない味わい。そこにしっかりと歯ごたえのある馬肉チャーシューがインパクトを与えている。
馬肉支那そば まる久(きゅう)
TEL/0238-84-6255
住所/山形県長井市五十川1643
営業時間/11時~14時30分、17時30分~19時30分 ※スープがなくなり次第終了
定休日/火
アクセス/東北中央道山形上山ICより50分
駐車場/15台
天童手打水車生そば
生そば屋さんで人気の「中華そば」。
天童手打水車生そば鳥中華700円。もとは「まかない食」だったものを定番化
トッピングに天かすが載る視覚的なインパクトは抜群。カツオ・昆布に鶏を合わせたスープは、日本そばの技法を駆使。鶏肉由来の油がスープにコクを与える。
天童手打水車生(てんどうてうちすいしゃき)そば
TEL/023-653-2576
住所/山形県天童市鎌田本町1-3-26
営業時間/11時~23時
定休日/なし
アクセス/東北中央道天童ICより8分
駐車場/80台
「天童手打水車生そば」の詳細はこちら


独自の麺文化を体験!【福島】

「日本三大ラーメン」のひとつである喜多方ラーメンをはじめ、ハイレベルなラーメンが各地で愛食されている福島県。それぞれの麺・スープ・具が織りなすハーモニーをご堪能あれ。

・会津若松は、隠れたそばの名店が集まるエリア。その昔、信州出身のそば好きだったお殿様・保科正之公が、転封の際にそば打ち職人を連れて会津へやってきたのが歴史の始まりといわれます。(福島県観光交流局観光交流課 菅野友博さん)

・福島県民は一人あたりのラーメン支出額が日本一になったこともあるほどのラーメン好き。そのこだわりが後押しし、各地各店で味を追求したことが、ご当地ラーメン多様化の理由では。(ラーメン官僚 田中一明さん)
喜多方ラーメン

日本三大ラーメンのひとつ。多加水の平打ち麺が特徴で、朝早の農作業を終えた人などが朝食を摂りに来ることなどから、早から朝らラーメンを提供する「朝ラー」など独自の麺文化も発展した。
まこと食堂
王道のど真ん中をゆく安定の味わい。
まこと食堂朝からラーメン!?「朝ラー」対応店として、朝は7時半より営業まこと食堂中華そば650円。動物系素材のコクが凛と自己主張する
日本を代表するご当地麺処・喜多方でも実力派との誉れ高き1軒。醤油そばの王道を歩みつつも、この店ならではの訴求力の高さも併せ持つ。
まこと食堂
TEL/0241-22-0232
住所/福島県喜多方市小田付道下7116
営業時間/7時30分~15時
定休日/月
アクセス/磐越道会津若松ICより20分
駐車場/6台
「まこと食堂」の詳細はこちら
食堂 はせ川
ダシの味わいが織りなす美しいハーモニー。
食堂 はせ川淡麗醤油中華そば580円。甘辛いカエシが食欲を増進(写真は小チャーシューのせ+100円)
ファーストアタックから滋味深い煮干しの存在を感じさせるスープは、食べ進めるにつれ次第に動物系の風味が主張。その調和が絶妙だ。
食堂 はせ川
TEL/0241-24-5180
住所/福島県喜多方市字大荒井6
営業時間/11時~15時 ※スープがなくなり次第終了
定休日/木、第1水
アクセス/磐越道会津若松ICより23分
駐車場/25台
「食堂 はせ川」の詳細はこちら
会津ラーメン

平打ち縮れ太麺+豚骨ベースが主流とされる。元祖店である「三角屋」の主人が、横浜で食べたラーメンを、地元会津で提供しようと始めたのが元祖とされている。
牛乳屋食堂
ミルクと味噌と太麺の意外な好相性に驚嘆!
牛乳屋食堂ラーメンに牛乳!?ミルクみそラーメン920円。女性から女性へと90年間受け継がれてきた味
屋号の由来である牛乳を味噌と合わせたこのメニューは、極太麺との相性もあいまって箸を持つ手が止まらぬ味わい。老舗の安定感に根ざした先進的な1杯、ぜひ挑戦を。
牛乳屋食堂
TEL/0242-92-2512
住所/福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343
営業時間/11時~15時、17時~20時
定休日/水
アクセス/磐越道会津若松ICより27分
駐車場/10台
「牛乳屋食堂」の詳細はこちら
三角屋
会津愛食の味はこの店から始まった。
三角屋中華そば650円。歯応えのあるちぢれ麺をすすれば、思わず頬が緩む
明治から創業100年を超える歴史的名店にして「会津ラーメン」の元祖。澄み切ったスープは、豚と魚介の旨みの粋のみを徹底的に抽出している。
三角屋(さんかくや)
TEL/0242-27-1758
住所/福島県会津若松市本町3-6
営業時間/11時~15時
定休日/火
アクセス/磐越道会津若松ICより14分
駐車場/8台
高遠そば

そばのつけ汁に辛み大根のおろし汁を入れるのは江戸時代の伝統的スタイル。そば好きの保科正之公が信濃から会津へ転封する際、高遠藩のそば打ち職人を連れてきたことがその起源だそう。
大内宿 三澤屋
長ネギをお箸に!?夏にうれしいさっぱり味。
大内宿 三澤屋ネギでそばを食べる!?高遠そば1296円。そばはプラス324円で大盛りにも変更可能だ
箸代わりに長ネギを用いるという、驚きのスタイルで食すそばが評判。つゆには大根おろしをたっぷりと入れて。暑い時期に食欲そそる一杯。
大内宿 三澤屋(みさわや)
TEL/0241-68-2927
住所/福島県南会津郡下郷町大内山本26-1
営業時間/10時~16時30分(LO16時)
定休日/なし
アクセス/磐越道新鶴スマートICより45分
駐車場/大内宿共同駐車場を利用
「大内宿 三澤屋」の詳細はこちら
なみえ焼そば

今から約50年前、労働者の空腹を満足させるべく誕生した「極太麺」の焼きそば。豚肉&モヤシのシンプルな具に濃厚ソースをあわせるのが特徴だ。食す際は一味唐辛子をかけるのが通!
杉乃家
ボリュームと濃厚さの連続パンチにKO!
杉乃家焼きそばが極太!?なみえ焼そば650円。店舗は「二本松市市民交流センター」内に位置
震災の原発事故により浪江町から二本松に移転。以来、変わらぬ味わいを提供し続けている。ガツンとくる超濃厚ソースを受け止める、極太麺とどっさりのモヤシに驚愕必至!
杉乃家(すぎのや)
TEL/0243-24-1215(交流センター内)
住所/福島県二本松市本町2-3-1
営業時間/11時~15時LO14時40分、17時~20時LO19時30分
定休日/月・火
アクセス/東北道二本松ICより5分
駐車場/126台(1時間無料)
「杉乃家」の詳細はこちら
\これも外せない!/白河ラーメン
火風鼎
スープに染み出した鶏の旨みが麺に絡む。
火風鼎ラーメン594円。香ばしい味わいの炭火焼きチャーシューも◎
ご当地麺処・白河で絶大な人気を誇る実力店。鶏の風味を前に押し出したスープと、ボクッとした食感が趣深い手打ち麺のコラボは至高!
火風鼎(かふうてい)
TEL/0248-22-8314
住所/福島県白河市鬼越44-16
営業時間/11時~15時 ※スープがなくなり次第終了
定休日/火
アクセス/東北道白河ICより12分
駐車場/18台
「火風鼎」の詳細はこちら

※この記事は2018年6月時点での情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ