新婚・山崎夕貴アナに的確助言「芸人の浮気は仕方ない」 渡辺カズは「女性問題」猛省

しらべぇ

2018/6/24 11:00


(画像はおばたのお兄さん公式Twitterのスクリーンショット)

フジテレビの朝の顔として多忙を極め、「好きなアナウンサーランキング」9位に輝いたこともある山崎夕貴(30)アナと、「来年消えそうな芸人」9位の若手芸人・おばたのお兄さん(30)。

収入や立場の差から「格差カップル」と揶揄された2人だが、熱愛発覚直後のおばたの浮気騒動を乗り越え、2018年3月末に無事結婚に漕ぎつけた。

23日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、2人の披露宴を番組で開催。「浮気」に関係する先輩アナからの助言が話題となっている。

■陣内智則の妻・松村未央アナの助言


先輩芸人・アナウンサーが参列客としてひな壇に並ぶ中、「山崎アナは本当に幸せになれるのか?」、当事者たちからすれば余計なお世話と言いたくなるようなテーマで番組・披露宴は進行していく。

おばたと同じく「女性問題」で世間を騒がせてきた芸人・陣内智則の妻・松村未央アナは、職場だけでなく「芸人の妻」の後輩である山崎アナに「芸人さんの浮気は1~2回はしょうがない。その覚悟をしておいたほうが楽」と幸せになるための助言を贈った。

しかしながらやはり「浮気はイヤ」なのも本音で、自身が浮気性の陣内と結婚した理由を「人は変われる(と信じている)」からだと明かす。

■女性問題で地獄をみた渡辺和洋アナも…


この松村の主張に対し明石家さんまらは「俺の経験やけど、無理無理」と全否定。

するとここで、「カズ」の愛称で人気を博しながらも、10年前に女性問題で大バッシングを浴び「地獄をみた」渡辺和洋アナが口を開き「人間は変われます」と前置き。披露宴に似つかわしくない重々しい口調で持論を展開していく。

「1度ついてしまったシミは2度と消せない。白いシャツがオフホワイトになって元に戻らないとしても、そのシャツを洗わなければ人間終わり。『白になれ白になれ』と毎日洗う努力が必要」

参列客の雨上がり決死隊宮迫博之の浮気騒動時の迷言「オフホワイト」とかけて自身の反省を込めた想いを熱弁した。

■カズに賞賛の声も


渡辺アナの熱弁に芸人らからは「洗いすぎると破れる」などヤジが飛ぶ。さらに「10年後の今は何色」と問われると「オフホワイトです」と即答、10年ではまだまだ洗い終わらないことを世に知らしめた。

渡辺アナをはじめとした先輩アナの助言に視聴者も興奮。番組に対しても好意的な意見が目立っている。












■約半数は「不倫は悪」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,357名を対象に調査したところ、全体の45.0%が「どんな理由があろうと不倫は悪だ」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

半数近くが「悪」と断ずる「不倫」だけに、有名無名に関わらずその行為の代償は計り知れない。一時の気の迷いが人生に大きな影を落とす可能性を秘めている。

宮迫、おばたは世間から厳しい批判を受け、陣内は離婚、渡辺アナもアナウンサーとしての活躍の場を失うなど、身から出た錆とはいえ「女性問題」に苦しんできた。

おばたが、自身の、先人たちの反省を活かし、良い夫婦関係を築き上げられることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→「浮気するなよ!」 陣内智則に再婚報道も「ミオパン」ファンから風当たり強し

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

あなたにおすすめ