U字工事、磯山さやかにご当地暴言 「黙ってろ、餃子の皮で口塞ぐからな!!」

AbemaTIMES

2018/6/23 10:00


 6月21日、AbemaTVで放送された通販会社リアリティーショー「革命的ショッピングバラエティ! 買えるAbemaTV社」において、2週間にわたって繰り広げられた宿命の隣県対決がついに決着。あまりの白熱ぶりに、ヒートアップした栃木県代表ハンバイヤーのU字工事・益子が、茨城県代表ハンバイヤーの磯山さやかに対して「黙ってろ、餃子の皮で口塞ぐからな!!」と暴言を吐き捨てた。

過去にキャンプ対決、歌舞伎町ホスト対決などで好評を博した「販売個数対決」は今回、「茨城vs栃木」という北関東における隣県のライバル対決。磯山さやかが県特産のメロン「イバラキング」とねぎ鯖缶を、対するU字工事は、千本松牧場の濃厚ミルクジャム「ドルセ・デ・レチェ」とチーズケーキを武器に戦いを繰り広げた。

 番組冒頭、18日17時の時点での販売個数「茨城県126 対 栃木県110」が発表されると、U字工事の表情が即座に曇った。しばらくして現実を受け入れた二人は、気を取り直して「まだ捲れるべ」と方言交じりに決意を語り、最終プレゼンに臨んだ。

 そして事件は、栃木県のアンテナショップ「とちまるショップ」で行ったPR活動のVTRが終わった際に起こった。ミルクジャムをソフトクリームにかけてアピールしていたことを「ズルい。ミルクジャムだけ食べさせたらいいじゃないですか」と指摘した磯山に対して、「黙ってろ、餃子の皮で口塞ぐからな!!」とU字工事・益子が激高。さすがの事態にMCを務めるオリエンタルラジオの藤森慎吾が「栃木の方は皆、そう言うんですか?」と割って入ると、即座に「言います」と答えた益子に対して、相方の福田は「コイツだけです」と大人の対応を見せた。

 一度、振り上げたこぶしを下ろすに下せない益子は「もしダメだったら、栃木のかんぴょうで首くくってやるからな」と息巻いたが、その後に発表された最終結果は「200 対 133」で茨城県・磯山に軍配。

あまりの嬉しさに「茨城県やったよ!」と声を上げた磯山だったが、落ち着きを取り戻すと「茨城県を背負っていた、いや、背負わされていたので……」とプレッシャーの大きさを明かし、安堵の様子を浮かべていた。

(C)AbemaTV

▶見逃し視聴
2代目バチェラー小柳津登場!茨城vs栃木ついに決着!買えるAbemaTV社#21

▶マジでヤバいモノが手に入る! 商品購入サイトはコチラ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス