【100均検証】このホッチキスが100円で売っていたことに衝撃を受けた



100円ショップをパトロールしていると、「ついにこれも100円に!!」と驚かされることがよくある。伝説のクソゲーとして名高いスーファミソフト『ジーコサッカー(定価9800円)』がワゴンセール10円で投げ売りされているのを見た時の感情とは違い、「これが100円で作れてしまう時代になったのか!」的な驚きだ。

ダイソーで発見した『まわるホッチキス』なんてまさにソレで、様々な思いが交錯した。これが100円……。こんなに便利なものを100円で売って良いのか? と。

『まわるホッチキス』は、そんじょそこらのホッチキスとは違い、文字通り「まわる」のが最大の特徴。

商品名の上に書いてある「くるっと回って 中とじカンタン」の文言通り、通常のホッチキスでは絶対に不可能な方向で止められる。冊子を作る人なら必須の道具だ。

実際に、その昔にタイで買った5バーツ(約15円)のマンガをバラしてから、

あらためて綴じてみたが……

バッチリだ。動作的には問題ない。

・よみがえる記憶
私がこの動きをするホッチキスに出会ったのは、今をさかのぼること30年ほど前。小学校低学年の私は、祖父に頼み込んで、けっこう高価だった「まわるホッチキス」を買ってもらった。そこそこデカかった記憶がある。

普通にホッチキスとして使うことはもちろん、工作に使ったり、冊子を作って遊んだり、ぐるぐる回して遊んだり、カチャカチャと「鉄砲」のような形に変形させて遊んだりと、価格以上は使い倒した。

いつしか紛失してしまったが、私の脳裏に残ったのは、「まわるホッチキス=高価」というイメージだった。それが100円。たったの100円。そりゃ祖父に買ってもらった高価なホッチキスよりは、品質的には劣るだろう。しかしながら、衝撃だ。

衝撃といえばつい先日、先述の『ジーコサッカー』の中古ソフトをAmazonで購入した。わりと高価なプロジェクターで壁に投影し、夢のような大画面でプレイしてみたが、やはり衝撃的なクソゲーだった。ちなみに価格は1円(送料別)だった。それもまた、衝撃だった。

Report:100均研究家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ