モーニング娘。初期メンが「1周回って知らない話」で赤裸々告白! 秋元康も登場

ザテレビジョン

2018/6/20 19:04

6月20日(水)放送の「1周回って知らない話」(夜7:00-7:56、日本テレビ系)で、今から20年前、平成10年にデビューしたモーニング娘。を大特集。

初期メンバーの飯田圭織、石黒彩、福田明日香、矢口真里、保田圭、辻希美、吉澤ひとみらがスタジオに一挙集結する。

売上160万枚超えの「LOVEマシーン」など、カラオケの定番として知らない人はいない大人気アイドルグループ、モーニング娘。その生みの親といえばつんく♂。

今回、彼のアイドルプロデュース術の裏側を知るべく、番組では、日本屈指のアイドルプロデューサー・秋元康にインタビューを敢行。

おニャン子クラブやAKB48を生み出した秋元は、「本当の意味での国民的なグループになった」とモーニング娘。を称賛し、彼女たちを国民的アイドルに育てたのは「つんく♂の腕」と断言。その音楽性やパフォーマンスについて、自らの本音を打ち明ける。

そして、モーニング娘。のOGメンバーは、つんく♂の個性的過ぎる「アイドルの作り方」を暴露。

飯田は、当時まねをする人が続出した曲中の名フレーズ「ねぇ、笑って」について、つんく♂の強烈なこだわりにより、海に向かって5時間も練習させられたという。

一方、先日第4子の妊娠を発表した辻は、人気絶頂時に「1回家の中に人がいました」という体験を語る。最初の卒業メンバーである福田もファンを装う人物に騙されたというショッキングな事件を語った。

さらに、今夜、新企画がスタート。平成10年に大流行し渋谷を闊歩していた“ヤマンバギャル”が、現在の渋谷に現れたらどうなるのか。

「1周回ったタイムスリップ検証」と題し、尼神インター・誠子とにゃんこスター・アンゴラ村長が、見た目で全く本人だとわからないヤマンバギャルに大変身し、街行く人たちの反応を見守る。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/151418/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス