田村淳「ジャニーズ未成年飲酒問題」持論を述べるも説得力なし

まいじつ

2018/6/19 17:30


お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳のツイッターへの投稿が物議を醸している。





田村は『NEWS』の小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年女性と飲酒した一件に対して持論を展開した。これが賛否両論を呼んだ。

《どっちも確認するべきだよ。そんなことだから青学ごときに落ちるんだよ。》
《なんでこーゆうことに口出しするだろ、好感度下がるだけやで》
《年齢のことばかり注目されていますが、コールしてたことがダメだと思います。過去に何度も事件になっているのに、報道の仕事をしてきた立場で知らないはずないです。》
《子供が年齢を偽ってお酒を飲む、責任は大人が取る、間違いじゃ無いけど偽った子供にも制裁が要るんじゃない?》
《そもそも行かせる親も親やと思います》


「田村が言っても説得力はない」


田村は2012年に東京都の表参道で公道上から無許可でネット配信の生撮影を敢行したことがある。その際、スタッフの自動車が女性警察官に駐車違反の取り締まりを受けると、その警官を「ババア」呼ばわりしたことが放送されていた。このときは「常識がない」と非難を浴びている。

「田村は常に自分の言うことだけが正論だと思ってツイッターへの投稿を繰り返しています。過去に問題を起こし、いつまでもちゃらちゃらしているイメージが抜けないので説得力もありません。“ご意見番”には程遠いですね」(芸能記者)

それでも田村はなにか社会問題や事件が起きたときに、持論を述べるのをやめなさそうだ。

あなたにおすすめ