「たまたま総理と仲が良く騒動に」 加計理事長が“問題”発覚後初の会見

AbemaTIMES

2018/6/19 12:00


 愛媛県今治市の獣医学部新設問題をめぐって、19日午前、学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長が会見を開いた。

 会見で加計氏は愛媛県が国会に提出した文書に関し、県側に誤った情報を伝えた学園担当者について月額給与を6カ月減給、自身については月額給与の10%を12カ月間、自主返納とする処分とすることを発表。続けて、記者団の質問に答えた。

加計氏は、今回の問題が国会にも影響を与えていることを謝罪しつつ、安倍総理との個人的な関係については、「何十年来の友達ですし、仕事のことを話すのはやめようというスタンスでやっております。リラックスをするためにお会いしていますから、こちらの話はあまり興味がないと思います。(獣医学部の話は)ありません」と否定。また、柳瀬元総理秘書官とも「獣医学部新設の話はしていない」とした。

一方、騒動の理由については「私の不徳の致すところですが、たまたま総理と仲が良かったことでこうなってしまった。(騒動につながるとは)思いませんでした」と述べ、自身の理事長職は継続すると表明した。

(AbamaTV/『AbemaNews』より)

▶会見の模様はAbemaNewsチャンネルで生中継

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス