【激怒】もう二度と来るな! 美容師がブチギレした悪質な客とは? あまりにもヒドい!

瞬時にお客さんの髪の毛の特性を見抜き、イメージ通りに調髪したり、カットやパーマを使いこなしてお客さんを美しく仕上げるのが美容師のお仕事。これだけでも大変そうですが、下積み時代は夜中まで残ってカットの練習を繰り返すのに安月給……という本当に大変な職業なのです。

美容師がブチギレしてしまった客


美容師の仕事も接客業の一種となるため、基本的にはお客さんに対して下手に出ながら応対することになるのですが、人間同士ですからどうしてもイラッとくるお客さんと出会ってしまうことはあるもの。なかには、本当に悪質な人もいるそうです。

そこで今回は美容師として働く人を対象に独自調査を行い、今までにどんなお客さんを相手に激怒したことがあるのかを教えてもらいました。皆さんも知らず知らずのうちに美容室でこんな行動をしてしまっていたら気をつけてください!

美容師がブチギレ激怒してしまった客


1. 雑談が多いとクレームを入れられた

カット中やカラーリング中に、美容師さんとお客さんとで会話をすることがありますが、あとになって本社に「会話が多くて仕事に集中していないように思えた」とクレームを入れてくるお客さんがいるそうです。

もちろん美容師さんとの会話が苦手という人もいますが、施術中の適度な会話はお客さんの好みを知るのに大切な手段のひとつ。施術に聞いた要望だけではわからない部分を会話で聞き出していることもあるのです。話をしたくないならその場で伝えればいいのに、本部経由でクレームを入れられると嫌な気分になりますよね。

2. 寝ているのを起こしたらキレられた

美容室ではカラーリングやパーマなど、どうしても待ち時間が多くなるもの。つい眠くなってしまい、ウトウトと居眠りをしてしまう人も多いでしょう。しかし、施術中に寝てしまった人を起こしたらブチギレされたり、寝ている間にカットを進めて、切る長さを確認してもらうために起こしたらブチギレされたケースもあるそう。

カラーリングやパーマは、決まった時間で薬剤を洗い流さないと大変なことになりますし、寝ている間にカットをしすぎるわけにもいきません。「せっかく気持ちよく寝てるのになんで起こすんだよ!」と怒鳴ってくるお客さんもいるそう。しかし、次の時間帯に予約しているお客さんにも迷惑ですし、起こさないわけにいかないのです。

3. 毎回「やり直し」をしにくる客

基本美容室では、施術日から1週間以内なら気に入らない髪型をお直ししてくれるところが多いかと思います。しかし、施術後毎回お直しをしに来るお客さんがいるそうです。気に入らない髪型になってしまったのを直すのはもちろん美容師の責任なのですが、施術を受けてから1週間後に調整をするのが当たり前に思っている人もいるそうです。

お直しの予約が入ると、すでに予約で埋まっているスケジュールの中でやりくりをしなければならなくなるため、スタッフの少ない美容室は大変なんだそう。

お直し前提で来るお客さんにはイライラしてしまうそうです。

4. 施術中にご飯を食べ始める客

美容室では、用意された雑誌を読みながら施術を受けるのが定番ですよね。最近ではお店側が用意したタブレットで電子書籍を読んだり、スマホでゲームをしながら施術を受けることができたりと、かなり自由度が上がっているようです。

しかし、そのサービスで勘違いしてしまったのか、なんと施術中に食事をし始める人もいたのだとか。どこから取り出したのかわかりませんが、気がつくとおにぎりやハンバーガーを頬張っているそう。周囲に臭いが充満しますし、施術もしづらいそうです。

5. 施術中に電話で怒鳴り始める客

施術中にスマートフォンをいじることを注意する美容室は基本ないと思いますが、さすがにかかってきた電話に出るのは考えものです。緊急の電話に対して小声で「後で折り返します」と一言伝えるくらいの応対ならわかりますが、そのまま会話を始めるのは完全アウト。

しかも、電話相手に対して大声で怒鳴り始めたるお客さんもいるのだとか、電話もなかなかキラにし、店内の雰囲気も悪くなるし最悪です。

6. ふざけた髪型を要望するYouTuber

最近増えた迷惑客が、Youtuberだそう。美容室でふざけた髪型を要望し、その一部始終ブツブツと喋りながら動画撮影をするのが迷惑とのこと。店側にも周りの客にも許諾をとらずに勝手に撮影を初めてしますそうです。店側としては、あらかじめ店側に撮影の旨を伝えてくれれば、お客さんのいない時間を案内して対応できることもあるそう。しかし、問い合わせをして断られるのが嫌なのか、ゲリラ的に勝手に撮影をするYoutuberが多いそうです。他のお客さんにも迷惑ですし、勝手にネットにあげるのもいかがなものかと。

7. 髪の毛を持って帰りたがる客

信じられない話なのですが、カットした髪の毛を持って帰りたがるお客さんもいるそうです。まるで甲子園で負けた高校球児のように髪の毛をかき集め、袋に入れて持ち帰ろうとするというのですが、いったい何に使うつもりなのでしょうか……。

そして、自分のカットした髪の毛を持ち帰るだけならまだいいのですが、隣でカットしている美人な女性の髪の毛を持ち帰りたがる男性客もいるのだそう……。本当に信じられません。

8. まるハゲなのに美容室に来る客

頭頂部が見事にハゲあがっているのに、美容室に来るお客さんもいるそうです。残ったわずかな髪を整えるのも立派なおしゃれですし、そういったお客さんが来ること自体はもちろん大歓迎。しかし、なかには「こんな髪型にしたいです」と見せてきたスマホの画像のヘアスタイルを実現するには、明らかに毛量が足りないお客さんも。しかも、抜ける寸前の髪の毛にパーマやカラーリングをしてダメージを与えるのは逆効果です。そんな人には「美容室じゃなくてカツラ屋に行けよ!」と思ってしまうのだそうです。

「お客は神様だ!」と思い込んでいる人が増えた


施術中にブチ切れたくなるようなお客さんの数自体はとても少ないそう。しかし、ベテラン美容師さんによると、近年は「お客は神様だ」と思い込み、美容師を見下した態度をとる人が増えてきた気がする……とのことでした。

美容師側も客側も、お互い楽しくコミュニケーションをとりながら気持ちよく施術できたほうがいいはず。そのほうが、いい仕上がりも期待できそうです。「お客は神様だ」と傲慢になっている人は、ちょっと見直したほうがいいかもしれません。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ