新顔も続々参戦!作家になって成功した「意外なお笑い芸人」はこんなにいる

アサ芸プラス

2018/6/15 09:59


 お笑い芸人の文学賞といえば、ピース・又吉直樹の「火花」が思い浮かぶ。同作は2015年の芥川龍之介賞を受賞した。

当時の大フィーバーからはや3年。しかし、そのムーブメントはいまだ収まることがなく、累計発行部数は300万部を突破。ドラマ&映画化に続き、現在は初の舞台「火花 -Ghost of the Novelist-」が上演中だ。

そんな又吉先生の足元に及ばないが、芸人がしたためた著書が受賞作となることもまれにある。

「最近の話題は何といっても、髭男爵・山田ルイ53世でしょう。『新潮45』(新潮社)で連載された『一発屋芸人列伝』が今春、『第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』の作品賞を受賞しました。波田陽区やキンタロー。、コウメ太夫といった一発屋仲間を取り上げ、最終回で髭男爵を書くという、芸人らしいラストになっています」(出版コーディネーター)

加えてもう1人、『THE MANZAI 2012』で認定漫才師50組に認定されたマシンガンズ・滝沢秀一は、E☆エブリスタ電子書籍大賞で双葉社賞(ホラーサスペンス部門)を受賞している。

「芸人、賞ともにメジャーではありませんが、滝沢さんは東京成徳大学人文学部英米文化学科卒のインテリ芸人。スマホ小説サイトに投稿した『鬼虐め』が、読者から高い評価を得て、この賞を獲得しました。のちに『かごめ かごめ』に改題して、小説家デビューをはたしましたが、こちらの売り上げはイマイチ。でも、筆致についての評判は悪くありません」(前出・出版コーディネーター)

芸人初の偉業となったのは、横溝正史ミステリ大賞を受賞した小説『神様の裏の顔』。著者は藤崎翔で、元「セーフティ番頭」というコンビ芸人だ。しかし、受賞したときはすでに解散していたため、元芸人という肩書きだった。

芸人の中には、書くという表現方法で運命を変えた者が少なくない。麒麟・田村裕、劇団ひとり、品川庄司・品川祐(ヒロシ)。そして、ビートたけし。3月いっぱいでオフィス北野から独立したたけしが、芸人、映画監督として大成した次に狙うは、文芸賞受賞なのかもしれない。

(北村ともこ)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス