初夏はコミュニケーションが軽やかに【吉野まゆのインド占星術】

カフェグローブ

2018/6/15 00:00

20171216_india_top

6月15日~7月14日の全体運


6月15日はミトゥナサンクランティといい、風の星座であるふたご座に太陽が入室し、しなやかで軽やかな初夏のおもむきに。コミュニケーションも活発化し、人と人、会社と会社、会社と人など、様々なコミュニケーションが交錯していきそう。

また恋愛に関しても、同じジェンダー間や、出身国を異にする相手との恋愛、憧れや嫉妬など、さまざまな恋愛模様が入り混じるとき。ただし、火星が逆行する6月27日から8月27日までは、行きつ戻りつな揺さぶりモードになりそうです。7月5日あたりからは、情熱的な景色が一転、ドライでサバサバとした方向へ変わるでしょう。

社会の動きは、3月から逆行していた木星が7月11日に順行に戻るため、乱れていた道徳やモラルが徐々に正常化し、スキャンダルも収束していくでしょう。7月13日の新月・部分日食は、停滞感が漂うと同時に変化のタイミングに。潮目が変わり、どちらかというと、経済や政治情勢など減速していく感があります。

7月15日は、情緒的で敏感な「かに座」に太陽が入るカルカサンクランティ。芸術や表現の分野において女性の活躍が期待できそうです。

やぎ座(マカラ)1月14日~2月14日生まれの人
みずがめ座(クンバ)2月15日~3月14日生まれの人
うお座(ミーナ)3月15日~4月14日生まれの人
おひつじ座(メーシャ)4月15日~5月14日生まれの人
おうし座(ブリシャ)5月15日~6月14日生まれの人
ふたご座(ミトゥナ)6月15日~7月14日生まれの人
かに座(カルカ)7月15日~8月14日生まれの人
しし座(シンハ)8月15日~9月14日生まれの人
おとめ座(カンニャー)9月15日~10月14日生まれの人
てんびん座(トゥラー)10月15日~11月14日生まれの人
さそり座(ブリシュチカ)11月15日~12月14日生まれの人
いて座(ダヌ)12月15日~1月13日生まれの人

【吉野まゆのインド占星術】年間占い
インド占星術とは?

カフェグローブのほかの占いも見る


haruの恋占い
逢坂杏の12星座占い

Image via Shutterstock

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス