デルタ航空、大阪/関西~シアトル線開設 香港~シアトル線は運休

Traicy

2018/6/14 23:23

デルタ航空デルタ航空は、2019年にも大阪/関西~シアトル線を開設すると発表した。

機材はフルフラットとなるビジネスクラス「デルタ・ワン」を25席、プレミアムエコノミークラスの「デルタ・コンフォートプラス」を29席、エコノミークラス「メインキャビン」を171席の計225席を配置したボーイング767-300ER型機を使用する。機内Wi-Fi、機内エンターテインメント、電源を提供する。大韓航空との共同事業に含まれ、スケジュールを最適化する。

デルタ航空の森本大日本支社長は、「大阪は日本で2番目に大きな都市であり、ビジネスの中心地でもあります。既存の成田~シアトル線に加え、関空線を追加することにより、西日本のお客様にもシアトルへの直行便、およびシアトル経由で全米を網羅する広範なデルタ航空のネットワークをご利用いただけるようになります」とコメントしている。ダイヤなどの詳細は後日発表する。

デルタ航空は大阪/関西をホノルルを結ぶ路線を運航しており、これにより、大阪/関西とアメリカ本土が新たに結ばれることになる。一方で、シアトル~香港線を商業上の理由により、10月4日(香港発)をもって直行便の運航を終了する。その後はソウル/仁川経由で大韓航空との共同運航便として運航する。

あなたにおすすめ